« VT750S:2016年_北海道の旅日記(4) | トップページ | VT750S:200Km3時間ルートの散歩 »

2016年7月25日 (月)

VT750S:2016年_北海道の旅日記(5)

2016年7月1日(金)

(取り敢えず写真にて。転倒時のコメントあり)

宿出発(9:35)

↓クッチャロ湖(9:36~9:54)
Sany07411 Sany07421

↓左:エサヌカ線 直進:ダート路へ(10:06)
Sany07461

↓最初は普通の砂利路 大きな凹凸多数
Sany07431

↓転倒ポイント(写真より3m程上) (10:20~11:30)
Sany07451
下りの深砂路、前輪取られて右に転倒。マフラーを支点に200度傾く。

普通はマフラーとかステップとか荷物とかで160度位で収まるが、
進行方向右のワダチに倒れこんだので180度以上の傾き。

荷物を降ろし、起こしにかかるが、深砂なので靴がズルズル滑る。
何とか踏ん張って普通の倒れ方まで起こす。VT君さすがに重たかったですね。

一息ついてから、靴がズルズル滑りながらも気合を入れて起こす。

皆さん、倒れた重たいバイクの起こし方知っていますか。
知らない人は一度練習しておきましょうね。

少し路面のしっかりしたところにVT君と荷物を移す。上の写真です。

エンジンをかけたいのですがセルが回りません。電気系統は問題なし。

バイクか車が来ないか待つが、今の時期ですから全く来ません。

JAFに救援の電話を入れる(10:41)。

東京のオペレーターなので場所を言ってもよく解らない。
地図を見ているようだが、目安となるものと言われてもこんな所だから何も無い。

何だかんだ説明して、概ねの位置が解った様だ。折り返し電話するとのこと。

待つこと30分、JAFから電話あり(11:11)。
委託先の修理工場から車が行くが、1時間半から2時間かかるとのこと。

これまで1台のバイクも車も来ないしで、仕方ないのでお願いする。

何でセルが回らないか、VT君の様子、メーターを見て考えました。

ジャジャァ~ン。ニュートラルランプが点いていません。
ギアが2速に入ったままでした。
何と単純なこと。

エンジンかかりました。

JAFに救援キャンセルの電話を入れる(11:28)。

↓エサヌカ線(11:45) 気を取り直して北進
Sany07471

↓さるふつ公園 道の駅(12:09~12:50)
Sany07481


猿払村鬼志別にて給油(13:00) 走行距離:240.1Km 燃費:34.3Km/L

稚内市沼川通過(13:55)。

兜沼公園(14:04~14:22)。

(旭川に向けひたすら走る dashdashdash )

音威子府道の駅(15:55~16:06)

旭川北IC出る(17:51)

旅人宿 「ゆう」 到着(18:47)
160701_2
(写真はGoogle より)

本日の泊り客は7人で、全員バイクと言うめずらしい日。

その中に、ツーリングマップル北海道の写真、情報を担当している、
「ホッカイダー」の小原信好さんが居られました。

夕食後の集まりでは、色々楽しい話が聞けました。
エサヌカ線、これ小原さんが付けたそうです。

本日の走行距離:350.5Km

↓走行ルート
20160701

|

« VT750S:2016年_北海道の旅日記(4) | トップページ | VT750S:200Km3時間ルートの散歩 »

①VT750S走り」カテゴリの記事

⑩2016年旅日記-北海道(夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VT750S:2016年_北海道の旅日記(4) | トップページ | VT750S:200Km3時間ルートの散歩 »