« VT750S:スロットルアシスト | トップページ | VT750S:圏央道で東名へ »

2014年7月13日 (日)

VT750S:2014年北海道の旅(1,2日目)

2014年6月23日(月)

関越高速で月夜野ICまで走り、国道17号三国峠越え、国道8号を走り新潟へ向かいます。
そして、新潟から新日本海フェリーの北海道苫小牧東港行きに乗船します。


出発前に関越道沿線と群馬・新潟県境の雨の状況をネットでチェック。
この時期、夕方には雷雨が発生するので、事前チェックが欠かせません。
幸いに雨は降っていません (*^-^) 。

いざ出発、15時45分。

赤城SAで小休止 (17:00)。月夜野ICを出る (17:19)。

国道17号三国トンネルへ向かいます。

途中、黒い雲が見えパラッと来ましたが、直ぐに止みました。
黒い雲を横に見ながら、雨よ降るな降るなと思いつつの走り。
願いが叶ったのか、雨は降らずでした。

国道17号三国トンネルに着きました (17:57) 。
Sany01161 Sany01171
標高1,084m、延長1,218m、昭和34年(1959年)完全完成。
55年も前に作られたトンネルなんで、中は狭いし(車線幅員2.5m)、老朽化も進んでいるので、
新三国トンネルの建設が進んでいます。

歩行者、自転車通行可ですが歩道は有りません。大型トラックも徐行してすれ違います。
一寸、通るには怖いトンネルです。

トンネルを抜けると新潟県。越後湯沢まで下りが続きます。
夕暮れ時、交通量も少ない。この下りが、たまりません dashdashdash

国道17号をひた走り、長岡から国道8号。国道8号も順調に走ります。

新潟市中心部に入る手前、出光の黒埼ガソリンスタンドで給油 (21:30) 。
走行距離:301.1Km  燃費:34.2Km/L。


その後、国道8号新潟バイパスを走り、新日本海フェリーの発着港、新潟港山の下埠頭に到着 (22:00) 。

出航が23時15分だから大分早く着きました。

VT君を所定の場所に駐め荷物の整理。
そして、ターミナルへ行き、休憩&持参のパンを食す。

↓苫小牧東行き しらかば号
Sany01191 Sany01181
↓乗船前のVT君
Sany01221
バイクは苫小牧までが3台、秋田までが2台でしたね。

乗船したら何と16人の大部屋に私1人と言う幸運。
↓大部屋を1人で
Sany01251 Sany01241
出航直前に1部屋解放したようです。そこへ、遅れて来た私が覗いて入りました。
他の部屋には5,6人の人が居ましたが、そこからは誰も移ってきませんでしたね。

荷物を置いて、風呂へ一直線。
部屋に戻り、大の字になってオヤスミナサァ~イ。

↓走行ルート
20140623

本日の走行距離:315.1Km


2014年6月24日(火)

苫小牧東に夕方着いてから日高の宿泊先へ向かいます。

日本海は今年も穏やかです。
↓穏やかな航海
Sany01281 Sany01301
↓快晴ではないですが青空です
Sany01341
↓こんな字が
Sany01321 Sany01331
こんなことにならないように。日本のフェリーは信頼できるでしょう。

津軽海峡から太平洋に出て苫小牧へ向かう途中、イルカの群れが居ました。
離れた所でジャンプしたり、船に垂直に向かってきたりしていました。
室蘭の地球岬沖合にイルカが来るそうですが、
これからそこへ行くのか、そこからの帰りなのか、ただ魚を追っているだけなのか、
まあ、一時楽しませてくれました。

約18時間の船旅を終え、定刻通り17時20分に苫小牧東港に到着。
大部屋1人の優雅過ぎる船旅でした。

↓しらかば号とツーショット
Sany01351

港を出て、チョコチョコっと脇道を走り、国道235号出でます。

ここから鵡川までの直線道路は、北海道に来たぞぉ~と、走るぞぉ~と、
毎回思うのです。

宿泊先までの途中に馬を放牧している牧場が有りましたのでパチリ。
↓夕暮れ時の牧場(春に生まれた子馬が母馬と)
Sany01371
のどかで良いですねぇ。

一寸曲がる道を間違えた様です。前に来た時と道の感じが違います。
家が一軒有り、庭先に人が居りました。全く偶然ですね。
本当に周辺は牧場で何もなく誰も居ないんですから。

○○は何処でしょうか、と訪ねたら、もう一本向こうの道の方だよ、と。
もう一本向こうが1Km位離れていて、そこへ行くには振り出しに戻ってからという感じ。

北海道は広い!!

予定より少し遅れて、本日の宿 とほ宿「夢民村」に到着。18時16分。
↓本日の宿 とほ宿「夢民村」
Sany01381
(写真は翌朝)


夕食後はオーナーさん自家製の色々な果実酒をご馳走に。
コーヒー酒が美味しかったですね。
夜の11頃まで飲んでいました。

宿泊客は、大阪からのご夫婦(乗馬が目的で北海道に)と、
横浜からのハーレー乗り(この方も明日乗馬に)、と私。
なお、一部屋を一人で使わせて頂きました。

↓走行ルート
20140624


本日の走行距離:42.0Km


乗馬、手ぶらの初めての人から上級者までOKで、レッスン料も本州の半値。
上級者は海岸を走るコースも有るとか。
バイクで走るついでに、乗馬の練習も有りか、と思う私でした。
鉄馬と生馬に乗る!?

|

« VT750S:スロットルアシスト | トップページ | VT750S:圏央道で東名へ »

①VT750S走り」カテゴリの記事

⑧2014年旅日記-北海道(夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VT750S:スロットルアシスト | トップページ | VT750S:圏央道で東名へ »