« VT750S:2014年北海道の旅(4日目) | トップページ | ブンブンブン蜂が飛ぶ »

2014年7月23日 (水)

VT750S:2014年北海道の旅(5日目)

2014年6月27日(金)

知床峠、知床五湖、開陽台、摩周湖&周辺、を巡ります。


朝のハプニング:オーナーの奥さん、私の長靴を履いています。
私、「それ、私のですけど。」
奥さん、「・・・・。」(文字での表現が難しい)

宿「モシリバ」出発8時43分。
Sany02391
天気は晴れ。

↓羅臼は曇り。雲が低い 
Sany02411 Sany02401

知床峠到着(9:27)。峠は霧の中ではないが、羅臼岳は雲の中。
↓知床峠(標高740m)
Sany02431 Sany02451

ギンザンマシコ(スズメの遠い親戚)を撮ろうとするアマチュアカメラマンが多数。
撮った写真を見せて貰いました。デジタルカメラだから出来る技ですね。

峠を下る始めると、天気は快晴。知床五湖へ向かいます。

↓知床五湖(10:06~10:50)
Sany02571 Sany02481
熊の活動期なので、地上遊歩道はガイド無しでは歩けません。
ガイドツアーは時間もお金も掛かるので断念し、高架木道を行きます。

一番右の雲が掛かっているのが羅臼岳 やはり羅臼側は雲の中の様です
Sany02501 Sany02491
天気最高。↑脱いだMyジャケット
↓一湖
Sany02511
↓ツアーの皆さん
Sany02551

↓カムイワッカ湯の滝への入り口
Sany02581 Sany02592
一般通行可ですが、10Km以上砂利ダート続くので断念しました。

鹿の親子が道路を横断するのを目撃。
悠然とこちらを見ていましたね。

↓再び知床峠(やはり羅臼岳は雲の中)(11:13)
Sany02601
今回も晴れた知床峠では有りませんでした。またリベンジですね。


羅臼の三菱石油本町バイパスSS(セルフ)で給油(11:41)
走行距離:288.5Km  燃費:31.4Km/L
セルフなので目一杯入れました。燃費若干悪し。


国道335号、道道1145号と快調に走り、開陽台へと向かいます。

そして、中標津の道道975号の直線11km(ほぼ直線)は良いねぇ。
天気は曇り。時々霧雨。

↓定番の開陽台に到着 (12:51~13:24)
Sany02641 Sany02611
Sany02621
霧雨状況なので遠くまでは見えません。つまり、地球は丸く 見 え な い のです。

そして、
↓定番の北19号(13:27)
Sany02661
約5Kmを往復。バイク1台も無し。特に感激も無し。まあ、こんなもんですね。

開陽台を離れて、緩やかな下りでハプニング発生。
鹿とVT君、競争する。手が鹿の背中に届きそう。接触寸前。無事回避。

接触して転倒を覚悟しましたが、幸い鹿さんは真っ直ぐ走ってくれたので良かったです。
ブレーキを掛け続け、フォンを鳴らし続けの並走でした。


↓裏摩周(14:09~14:28) 
Sany02711 Sany02691
湖面は霧。 時々湖面出現

↓神の子池(14:41~14:56)
Sany02721 Sany02731  
Sany02761 Sany02771
水が冷たぁ~い。

↓さくらの滝(15:19~15:38)
Sany02861
↓動画で

斜里川を上ってくるサクラマス(殆どメス)。最大の難所。見ていて飽きませんね。

国道391号野上峠を通って、屈斜路湖川湯へ。一寸温泉街を走って、
↓硫黄山(16:16~16:42)
Sany02881 Sany02931
当然、硫黄臭い。

そして、摩周湖へ。

↓摩周湖第三展望台(16:56~17:10)
Sany02951 Sany02971
霧で何も見えません。

第一展望台経由で宿へ向かいます。当然、第一展望台も霧の中なので素通りです。

↓本日の宿 とほ宿「ましゅまろ」(17:39)
Sany03001
(写真は翌朝)

宿泊客は札幌からの常連のご夫婦(山歩き目的)と私の3人。

夕食後は、皆で飲み会です。今日も飲んでしまいました (^-^; 。

↓走行ルート
20140627

本日の走行距離:310.3Km

|

« VT750S:2014年北海道の旅(4日目) | トップページ | ブンブンブン蜂が飛ぶ »

①VT750S走り」カテゴリの記事

⑧2014年旅日記-北海道(夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VT750S:2014年北海道の旅(4日目) | トップページ | ブンブンブン蜂が飛ぶ »