« VT750S:2013年北海道/道南道北2200Kmの旅(6日目(道内5日目)) | トップページ | VT750S:2013年北海道/道南道北2200Kmの旅(4日目(道内3日目)) »

2013年6月30日 (日)

VT750S:2013年北海道/道南道北2200Kmの旅(5日目(道内4日目))

2013年6月26日(水)
今日は、ニセコ~神威岬~余市~増毛へと走ります。

走り始める前に。

この宿の泊まり客は、主に山歩きの人たち。一人で来られる人が多いのが特徴。
そして宿のオーナーさんは、その人達のために山のガイドをしています。

もし、この山という目的が無くても、その時期、その日のお勧めコースを案内します。
この宿に来さいすれば素晴らしい所を歩かせてくれると言うことです。

さて、今日の朝食は私以外の方の都合で30分早い7時から。
この時間なら、なんら問題なし。OKです。

朝食後、4人の方はオーナーさんの車で出発。
私とオーナーさんの奥さんとで、「いってらっしゃあ~~い」と見送り。
一寸、おかしな風景ですね (*^-^) 。

私も荷物を積んで出発します。
↓宿 アンビシャス出発(8:35)
Gedc17571
朝食が早かった割には、出発が遅すぎですね。
パソコンを借りて、メールチェックとかチョコチョコやっていたんです。

天気は曇り。

まずは、ニセコパノラマラインを走ります。

山歩きの人や、山菜採りの人の車が路肩に駐まっています。道路工事もしています。
余り走りやすく有りませんね。

ニセコパノラマライン、まあこんなものかと。

宿のオーナーさんが、
パノラマライン途中の神仙沼は、今花が沢山咲いていて綺麗ですよと言っていました。

そんな訳で、神仙沼入り口へ。晴れてきました。

↓神仙沼入り口(9:05)
Gedc17581
でも、花を見に行く時間は有りません。
10時半に知人と積丹半島の神威岬で会う約束になっているのです。

岩内へ出て、国道299号を神威岬へと走ります。
途中のトンネルでは、路面が濡れていたり、工事をしていたりで、
VT君は汚れていきました。


神威岬到着(10:28)。時間セーフ。

↓神威岬の案内石碑前
Gedc17631 Gedc17611

駐車場を一回り。知人の車が有りました。挨拶して、一寸雑談。
そして、岬へ。
Gedc17601
観光客もそこそこいます。健脚の人は、ここから更に岬の先端へと。
私は健脚でないので、ここまで。知人(ご夫婦)は健脚なので。。。


神威岬出発(11:41)。
余市で再会と言うことで、知人とは別行動に。
私は日本の渚百選の島武意(しまむい)海岸へ向かいます。

↓島武意(しまむい)海岸入り口(11:57)
Gedc17661 Gedc17671
曇りですし、下の海岸まで可成りあるので上から眺めるだけ。

島武意(しまむい)海岸出発(12:15)。余市へ向かいます。

積丹町の美国の交差点でストップした所、別れた知人の車が(12:35)。
全く偶然の再会。後に付いて余市へ。


余市市内のモダ石油にて給油(13:21)。
島牧での給油後 走行距離:256.8Km   燃費:32.9Km/L

出光でなく、モダ石油?  知人のカードを使わせて頂いたんです。

余市と言えば、ニッカウヰスキー。

↓ニッカウヰスキー北海道工場(余市蒸留所)(13:32) & 知人ご夫婦と記念にパチリ
Gedc17711 Gedc17741
Gedc17731
いろいろな施設を見て回りました。残念だったのは、飲めなかったことですねぇ。

ここで、知人ご夫婦とはお別れ。
ニッカウヰスキー北海道工場出発(14:18)。

これから、小樽、石狩川河口と寄って増毛へ。増毛まで約150Km。
余りゆっくり出来ません。


小樽運河の倉庫群前に着きました(14:48)。
いやぁ~、人の多いこと多いこと。ビックリです。
VT君を駐めて写真を撮る場所が有りません。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…。

運河の廻りを一周して、小樽を離れます。
まあ、小樽は来ていますのでパスと言うことで良いでしょう。

午後も3時近いので、もう途中何処も寄らないで、増毛へ直行することに。

国道231号オロロンラインを北上します。

トンネル内の路面が濡れていたり、夕立が有ったらしく路面が濡れていたりで、
VT君は更に旅汚れ状態加速。
私も長靴は履いているものの膝は出ているので、Gパンの膝が濡れ濡れ。

ひたすら走り続け、増毛舘に到着(17:41)。

↓宿 増毛舘
Gedc17751 Gedc17771
(写真は翌日)

ここも、お風呂は無し。シャワーの提供のみ。それでも無いよりは有り難い。

ところで、宿のオーナーさんは、ホンダの狭山工場で働いていたとか、
奥さんは、私の姪と同じ大学出とか。

支笏湖のラップランドのオーナーさんも、
埼玉の旧大井町に住んでいて、所沢に通勤していたとか。

北海道で、こんな身近な人と会えるとはね。
(日高のとほ宿「夢民村」のオーナーさんも、極々近くで驚きました。)

泊まり客は私一人。、
この日オーナーさんは何と川越の地ビールを飲み、私は定番のサッポロクラシック。
夕食時、食後とオーナーさんとの話もローカルに終始し、楽しい時間を過ごしました。

増毛舘の食事は very good だったことを付け加えときます。


↓ルート

本日の走行距離:313.8Km
(本日のGPS上の最高速度:90.9Km/h)

|

« VT750S:2013年北海道/道南道北2200Kmの旅(6日目(道内5日目)) | トップページ | VT750S:2013年北海道/道南道北2200Kmの旅(4日目(道内3日目)) »

①VT750S走り」カテゴリの記事

⑦2013年旅日記-北海道(夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VT750S:2013年北海道/道南道北2200Kmの旅(6日目(道内5日目)) | トップページ | VT750S:2013年北海道/道南道北2200Kmの旅(4日目(道内3日目)) »