« VT750S:2013年北海道/道南道北2200Kmの旅(5日目(道内4日目)) | トップページ | VT750S:2013年北海道/道南道北2200Kmの旅(3日目(道内2日目)) »

2013年6月30日 (日)

VT750S:2013年北海道/道南道北2200Kmの旅(4日目(道内3日目))

2013年6月25日(火)
今日は、函館~松前~江差~弁慶岬~ニセコへと走ります。

函館駅前のビジネスホテル 函館プラザホテル出発(8:00)。天気は曇り。

まずは、函館一押しの坂、八幡坂(はちまんざか)へ向かいます。
朝の渋滞前なので車も少なく、程なく到着(8:04)。

↓八幡坂(はちまんざか)
Gedc16871 Gedc16971
ガイドさんに引率された観光客が次から次へとやって来ます。皆さん日本語 (*^-^)。

CMの話とか、ロードヒーティングされているとか、摩周丸がみえますとか、ガイドさんの話を観光客の人と一緒に聞きます。

函館西高校の学生さんが三々五々、坂を上がってきます。
(通学時間帯? 8時始まりではないの? 遅刻?)

学生さん&観光客が途切れたところを見計らって、
↓大胆に道路の真ん中でパチリ
Gedc17001 Gedc17002
坂の先の港には青函連絡船「摩周丸」。曇っているので、眺めは今一つですね。

八幡坂の近くのハリストス正教会へ。

↓ハリストス正教会
Gedc16891 Gedc16911

ハリストス正教会横の「チャチャ登り」と言う坂へ。

↓チャチャ登り
Gedc16941
右側がハリストス正教会、左側が聖ヨハネ教会(三角の屋根)
この間の坂で、かなり急。当然上まで行って下ってきました。

一寸ウロウロしすぎて、もう8時30分です。次の見学地、五稜郭へ行きます。
長野県の龍岡城五稜郭を見て、函館の五稜郭へ行かないことには話になりませんからね。

↓五稜郭到着(8:52)
Gedc17011 Gedc17023

函館での見学はこれだけ。見るべき所は沢山ありますが先を急ぎます。
また来ることも有るでしょうから、その時にと言うことで。

五稜郭出発(8:59)。トラピスト修道院へ。

↓トラピスト修道院への直線路(9:33)
Gedc17051
↓トラピスト修道院
Gedc17071 Gedc17091
Gedc17101 Gedc17111
私には修道院生活は無理。煩悩が多すぎ。108の欲が有りますからね。

トラピスト修道院出発(10:01)。

↓青函トンネル出口撮影ポイント(10:36) 出口分かりますか
Gedc17171 Gedc17131
鉄道マニアの人が写真を構えて居ましたね。男性1人、女性1人。

↓スーパー白鳥95号が出てきました(10:46)
Gedc17181
1日10往復の列車本数。大体1時間に1本の割で出てきます。


福島町の出光福島SSにて給油(11:09)
静狩で給油後 走行距離:243.8Km   燃費:32.5Km/L

天気良くなってきました。

↓松前城到着(11:48)
Gedc17231
↓桜開花の標準木
Gedc17251
桜の時期に来たいものです。

↓松前藩屋敷にも行ってみました
Gedc17261 Gedc17271
が、中には入りませんでした。
歴史的建物が現存していれば良いのですが・・・。テーマパークなんで。

松前出発(12:19)。

国道228号追分ソーランラインを快調に走ります。

江差町に着きました(13:16)。

↓開陽丸
Gedc17311 Gedc17381
ここでも長靴の威力発揮。砂浜、海の中。
開陽丸を見ながら小休止。

江差も見所沢山有りますが、開陽丸のみでガマン。終着駅 江差駅を見たかったが・・・。

江差出発(13:48)。

↓親子熊岩(14:37)
Gedc17411 Gedc17401

↓三本杉岩(15:22)
Gedc17431 Gedc17461


島牧の出光島牧SSにて給油(16:15)。
この先の出光は岩内かニセコ。今日のルート上ではないし、明日寄るにはガス欠の心配。
まあ、出光に拘らなければ問題は無いんですが。

福島町で給油後 走行距離:218.8Km   燃費:32.9Km/L 


↓弁慶岬(16:42)
Gedc17481 Gedc17491
Gedc17521 Gedc17511

この先、岩内手前の雷電温泉近くの「弁慶の刀掛岩」とか「弁慶の薪積岩」を見に行くつもり。
宿に18時頃着は無理なので、ここで遅れる旨連絡。
安心して出発(16:56)。

しかし、雷電温泉近くのカスペノ岬まで行って、弁慶の岩は断念。
探して近くまで行く時間が有りません。
国道229号を戻ります。

尻別川の手前で道道229号へ入り、御成で上里農免農道を走ります。
内陸に入ると、雲も無くなり日も差してきました。

↓夕日による影。延々と目の前を走る(18:01)
Gedc17561
この影とともに走った約6Kmのほぼ直線の道、今回の旅のベスト1、2位の走り。

一路宿へ。多少の行き過ぎ、Uターンは有りましたが無事到着(18:31)。
↓宿 アンビシャス
Gedc17571
(写真は翌朝)

到着後、部屋に案内され荷物を整理する間もなく夕食。
私の到着を待っていたようです。
今日は登山のお客さん、男性2人、女性2人と私の5人。

お風呂の提供は無いので、食後オーナーさんの車でホテルの日帰り温泉へ。
乗車定員オーバーですが皆一緒に。


↓ルート


本日の走行距離:410.7Km
(本日のGPS上の最高速度:107.0Km/h(驚きの速度))

|

« VT750S:2013年北海道/道南道北2200Kmの旅(5日目(道内4日目)) | トップページ | VT750S:2013年北海道/道南道北2200Kmの旅(3日目(道内2日目)) »

①VT750S走り」カテゴリの記事

⑦2013年旅日記-北海道(夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VT750S:2013年北海道/道南道北2200Kmの旅(5日目(道内4日目)) | トップページ | VT750S:2013年北海道/道南道北2200Kmの旅(3日目(道内2日目)) »