« VT750S:野辺山へ | トップページ | VT750S:フロントタイヤ届く »

2012年11月 1日 (木)

VT750S:裏磐梯・東吾妻へ紅葉三昧

今、福島県の磐梯吾妻の3有料道路が無料開放されているし、
10月に入ってからは紅葉も見頃になって来たんで、何とか時間を取って行きたいと思っていた。

でも、つい3日前に野辺山へ行って来たばかりなので一寸考えていました。
うぅ~ん、どうしようかなぁ~。時間とれるかなぁ~。

それに、何か福島の天気予報を見ると週半ばから週末は余りスッキリしてないし、
それをやり過ごすと紅葉も終わりになってしまうし・・・。
ここは一発、エイヤーでパパッと無理やり時間を作ってしまいました (^-^; 。
30日、31日で行くことに。

一見、優雅見えますが、白鳥と同じで見えない水面下では必死に・・・。
フォローに・・・。 ι(´Д`υ)アセアセ。

10月30日
少し早起きして、朝の通勤時間帯前の7時半頃には出発の予定が・・・。
通勤時間帯後の10時でした。あくまでも予定は未定とやら。

出足が遅れても下道利用。国道4号をひたすら福島県の二本松まで北上。

郡山バイパスでの一寸した出来事。
右車線を快調に走っていると、左車線を白バイが猛スピードで抜いていきました。
捕まったかと一瞬ビクリ。白バイは走り去りました。ホッと一安心。
暫く走ると1台の乗用車が止められていました。
スピード違反なら、追いかける距離が長すぎるし、その車に追い越された記憶はない。
何で追いかけら止められたんだろうか??。

幹線国道の片側2,3車線区間での右側車線のスピードは速いですね。
やめられない、とまらない、何とか何とか、ですね。

二本松市内の出光で給油。燃費は33.4Km/Lとまずまず。

ここまで約250Kmを休憩含みで約6時間で来ました。
と言うことは、もう午後4時になろうかと言う時間。日が傾き掛けています。
これから磐梯吾妻スカイラインまで行けるか不安一杯。

取り敢えず最初の立ち寄り点、安達太良山山麓の岳(だけ)温泉へ向かいます。

↓岳温泉街入り口でパチリ

Gedc13941
1200年もの前に開湯した古ぅ~い温泉です。何軒か店じまいしている旅館が有りましたね。

坂を上がって、突き当たりに神社が有りました。
↓岳温泉神社です
Gedc13881

Gedc13921 Gedc13901
この神社も古ぅ~いですね。

安達太良高原の道を快適に走り、道の駅「つちゆ」に到着。
Gedc13981
大分薄暗くなってきています。ここの紅葉、今一でした。
Gedc13971

磐梯吾妻スカイラインへ行くことは諦め、宿に向かうことにしました。
が、方向が分からず国道115号、115号旧道、国道459号を道の駅を中心に行ったり来たり、ぐるっと回ったり。
カーナビのリルートが遅くて、今何処??状態。
停まってじっくりカーナビをチェックしてやっとOK。ヤレヤレ、フウゥ~~。

完全に日は落ち、暗くなった国道115号を猪苗代方面へ。
宿へ入る道を行き過ぎたりして、Uターン。これ毎度のこと。
やっと宿の「ひばり荘」に着きました。

↓宿泊旅館 ひばり荘(別棟 ライダーハウス裏磐梯)
Gedc14001
(写真は翌朝)
実際は、ライダーハウス裏磐梯の方をネットで予約していたんですが、
一時お休みと言うことで、予約客は旅館の方に泊めているそうです。

部屋は6畳+1.5畳の板の間、座卓、テレビ、エアコン、洗面所有り、
バス・トイレ無し、と言った普通の旅館の部屋です。
当然、布団&シーツは有りますが、タオル、浴衣、歯ブラシ類は無し。

料金はライダーハウス素泊まり料金(2000円)と同じ。
なお、ライダーハウスの方は道路の反対側に有ります。

お客さんは私一人。食事は頼んでいないので、一寸離れたコンビニまで買い出しに。
戻ってきて、風呂に。宿のご主人と一緒になる。
3.11の震災以降、お客さんは極めて少なく、この周辺で廃業した宿は何軒も有るとか。
昼間はアルバイトに行って、夜も仕事が有れば行って、何とか凌いでいるとのこと。
本当に大変ですね。

風呂から出て、暖かい部屋でテレビを見ながらビール、おつまみ、お弁当をノォ~ンビリ食べる。
さて寝ようと思ったら、何時何処から入ってきたのか虫が3匹。
1匹は灯りの回りをブンブン、1匹は灯りの笠に止まったまま、1匹は天井を歩いている。

静かにしててね、と言いながらいつの間にか意識が無くなった。。。

旅館 ひばり荘 http://www.hibarisou.com/main.html
併設のライダーハウス裏磐梯 http://www.hibarisou.com/touring/touring.html

本日の走行距離:315.8Km


10月31日
今日の会津地域の天気は、午前中は曇り、昼から雨模様と下り坂。
なるべく早めに見る所を見て、帰ることに。

朝8時前に宿を出発。
周辺の見所はパスして、磐梯吾妻レークラインへ向かう。7,8分で料金所到着。
↓磐梯吾妻レークライン料金所(無料開放中) (標高814m)
Gedc14021

ポイントポイントで停まって風景をパチリパチリで行きます。まずは、
↓料金所を出ての所(標高814m)から見た小野川湖
Gedc14031 Gedc14041
↓涼風峠(標高870m)
Gedc14051 Gedc14061
↓三湖パラダイス(標高約975m) 見えるのは小野川湖
Gedc14091 Gedc14081

↓レークライン道路最高点
Gedc14101

レークライン一番の紅葉見所の、
↓中津川渓谷
Gedc14161
まだ8時半なのに、何人もの人が。と言う私もその一人 (^-^; 。
Gedc14121 Gedc14131
曇っているので色合いが今一つですが、中々Goodでした。

↓川の左に道&トンネルが有ります。
Gedc14141
地図を見ると、秋元湖の湖畔からの道で、出森山を回って、このレークラインに出ます。
興味津々。いつか走ってみたい。。。

レークラインを出て磐梯吾妻スカイラインへ向かいます。

9時少し前に到着。
↓磐梯吾妻スカイライン入り口&料金所(標高約1,240m)(無料開放中)
Gedc14171 Gedc14191
↓国見台(標高1,250m)
Gedc14201 Gedc14211
雲が低く、見晴らしはBad。

↓天風境(標高1,200m)
Gedc14261
Gedc14251 Gedc14241

↓スカイライン道路最高点
Gedc14281 Gedc14271
雲が取れてきて日が差してきました。

↓蓬莱山の噴煙
Gedc14301

9時半前に浄土平の駐車場(無料開放中)(標高約1,570m)に着きました。
↓山は蓬莱山(標高1,802m)
Gedc14341
中を回って道路に出て、吾妻小富士の登り口へ。
↓吾妻小富士(標高1,707m)
Gedc14311 Gedc14321
また戻ってきてから登ることにします。元気が有れば・・・。

次の紅葉の見所の、つばくろ谷へ向かいます。
9時45分到着。
↓つばくろ谷と不動沢橋 (標高約1,200m)
Gedc14401 Gedc14411
↓橋の上から
Gedc14421 Gedc14431
↓橋の上から福島市市街地を望む
Gedc14451
福島の天気は良さそう。

こまで来ることが目的でした。戻ります。

↓ガス地帯を再び通過 (停車しないでの800m区間で停車してます(^-^;)
Gedc14461
ガスの影響地帯と紅葉地帯
Gedc14471
Gedc14351
風向きによって、硫化水素の臭いがします。

↓10時15分 再び浄土平
Gedc14551
雲が大分低くなって来ています。
が、記念の為に吾妻小富士へ登ります。

↓吾妻小富士火口(直径約500m、深さ約70m)
Gedc14511
この時、息はゼイゼイゼイ。足はガクガクガク。頑張りすぎたぁ。

↓浄土平駐車場&一人ぼっちのVT君
Gedc14521 Gedc14531
霧が掛かってきましたので、最高点には行かず戻ります。
と言うより、時間と体力の問題かな。

駐車場で新潟から車で来た、男性の高齢者2人に話しかけられる。
「○○から来たんですか。昔、自分もバイクに乗っていて、また乗りたいが、80才にもなると体がね。
天気も悪くなるというので、これで帰るんです。あなたも気をつけて帰って下さいね。」

10時45分。私も駐車場を出発。
程なく霧の中に。段々濃くなってきました。
下っていますので、じきに晴れると思いきや晴れません。とうとう合羽を着ることに。

暫く走ったら霧は晴れました。もう少しの辛抱すれば・・・。
料金所先の空き地で合羽を脱ぎます。

帰りは県道24号(母成グリーンライン)経由で磐梯熱海へ出て、国道49号で郡山へ、
それから国道4号のルートに。

11時50分 母成(ぼなり)峠(標高964m)到着。
↓母成峠古戦場
Gedc14591 Gedc14601
ここは、会津藩を中心とする旧江戸幕府軍と新政府軍が戦った場所で、
旧幕府軍は負け若松城下での白虎隊などの戦いに繋がっていきます。
母成峠の戦い


ここの駐車場でも、年配の男性に声を掛けられましたね。
バイクに乗りたい人、意外と多いんですね。でも、諸事情で乗れないんですね。

Gedc14611

Gedc14581

県道24号も、それなりの紅葉を見ることが出来ました (*^-^)。

郡山市の中心部に入る前に、出光を見つけたので給油。
満タンではなく、Home までの距離を考え5リッターに。

国道4号の鏡石町辺りからパラパラと雨が。再度合羽を着込む。
栃木県に入る頃には雨も止む。が、濡れた合羽を乾かす為にそのまま矢板を過ぎるまで走る。

国道4号と北関東道が交差する宇都宮上三川ICで高速に。
そのまま北関東道で高崎JCT経由で関越道へ。
時間短縮の為、高速ルートを選んだのが大失敗。

出流原(いずるはら)PAで小休止した時、残距離(約110Km)とガソリン量を計算したら、
ガス欠の可能性大。
ここから先は、70~80Km/hで走る貨物車に付いて行く、エコ走行することに。
その速度で走っている貨物車、意外といるもんですね。

Home近くのICを出た所の出光で給油したら9.1リッター入りました。まだ余裕があった。
エコ走行のおかげでガス欠にはなりませんでした。良かった良かった。

Home到着18時20分。結局、時間は下道を行っても同じぐらいでした。
高速料金を損した感じ。郡山で満タンにしておけばと反省する次第。

本日の走行距離:409.9Km

↓ルート(郡山市から)
201210302_2

トータル走行距離:725.7Km  燃費:33.2Km/L

天気が今一つでしたので、紅葉のすばらしさは十分堪能出来ませんでしたが、
まずまずの紅葉ロードは楽しめました。

関東内の観光スポットを離れると、観光客の密度が低いので気分的に落ち着きます。
走っていても気持ちが良いです。

長い記事になりまして申し訳ありません m(_ _)m 。

|

« VT750S:野辺山へ | トップページ | VT750S:フロントタイヤ届く »

①VT750S走り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VT750S:野辺山へ | トップページ | VT750S:フロントタイヤ届く »