« VT750S:裏磐梯・東吾妻へ紅葉三昧 | トップページ | 奥秩父紅葉探索(GN125Hネタ) »

2012年11月 6日 (火)

VT750S:フロントタイヤ届く

4日の日曜日に、注文していたフロントタイヤが届きました。
数ある中から、最終的に決めたのは一番リーズナブルで耐久性重視の、
井上ゴム(IRC)のWF-920   \5,603(送料込)です。
Sany06591
IRC WF-920F                      100/90-19 M/C 57H
Sany06621 Sany06631
TUBE TYPE                         MADE IN  JAPAN (*^-^)
Sany06651 Sany06641
製造時期 3812 (2012年の第38週)
Sany06611
38週と言うことは、9月20日前後

製品の特徴】(IRCホームページより)
こだわりユーザーのニーズをカヴァ-する、IRCオリジナルのファイアパターン。
カスタムアイテムのマスターピースとして、
アメリカンのみならずさまざまなタイプのバイクをドレスアップします。

構造:
フロントタイヤにはハンドリングを重視したシングルクラウンRを採用。
タイヤ断面のショルダーからセンターにかけて、連続したナチュラルなカーブを描くことで、
よりスムーズな操縦性能を実現した。

パターン:
「アメリカンバイクのハードな雰囲気に、ぴったりフィットするタイヤパターン」
というコンセプトから生まれた、燃えさかる炎をイメージさせるワイルドなパターン。
そのデザイン的な美しさもさることながら、同時に十分な排水性をも確保している。
デザインと機能が見事に融合した、IRC渾身オリジナルアイテム。

コンパウンド:
ロングライディングや荷物を積んでの走行を想定。
さまざまなシチュエーションで乗り心地の良さを実現した。
また、大排気量のアメリカンバイクの重量を支えるために、
耐久性と耐摩耗性を重視したコンパウンドを採用している。



これで、ブレーキパッドとタイヤが揃ったので何時でも同時交換出来るようになりました。
現在、走行距離は1万6千キロを超えましたが、ブレーキ、タイヤとも、もう少し使えそうですので
交換は少し先延ばしにすることにしました。

|

« VT750S:裏磐梯・東吾妻へ紅葉三昧 | トップページ | 奥秩父紅葉探索(GN125Hネタ) »

③VT750Sメンテ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VT750S:裏磐梯・東吾妻へ紅葉三昧 | トップページ | 奥秩父紅葉探索(GN125Hネタ) »