« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の10件の記事

2012年11月29日 (木)

VT750S:ナビDTN-X680LTお試し散歩

新しいナビ、DTN-X680LTを早く試したく、昼前に一寸お散歩ツーに。

ライダーモード、屋外配色、音量は大でレベルは中間。
行き先は、堂平天文台。距離優先でセット。

出発。あっちを曲がったり、こっちを曲がったりで走ってみました。

ライダーモード:案内ポイントまでの距離の字が大きくて見やすいので中々良いですね。
300m手前になるとオレンジ色に。
Sany06851 Sany06891
WVGA(800*480)は画面&字が綺麗。と言うか、これまでの解像度が低すぎ。
さらに、スマホで多く使われているHD(1280*720)の液晶も有りかもね。

案内音声:およそ700mと300mで曲がるポイントを事前案内。当然、まもなく案内も有ります。
音は、これ位聞こえれば十分。まあ、スピードが遅いのでヘルメットの風切音が小さいからね。

リルート:一寸遅いかなと感じたが許容範囲。

やはり、屋外配色でも明るい所では見づらいですね。

白石峠の手前約400mで、「目的地近くに来ました。案内を終了します。」だって (^-^; 。
まだ天文台まで3Km位有るんですが・・・。
地図には道が有るんですが、細い道は検索しないんですね。
後は、自前で地図を見て行ってください、と言うことなんです。

堂平山(標高876m)に着きました。
Sany06701

この山の北側の斜面にはパラグライダーの滑走面が有ります。
今日は2人の人が飛ぶ準備をしていましたので、暫く眺めていました。
Sany06711 Sany06731
風を待って斜面を走り出し、ふんわり飛んで行きます。気持ちよさそう。

Sany06761
もう一人の人も斜面を走り出しました。

Sany06772
最初の人はもう大分下に小さくなっています。何処に着地するんでしょうかね。

「自宅に戻る」メニューで経路探索。ナビは奥武蔵グリーンラインを選ばない。
敢えて奥武蔵グリーンラインを走り、リルートさせる。
刈場坂峠(標高818m)に着きました。
Sany06811
ナビはここから国道299号へ出るルートを示している。
が、奥武蔵グリーンラインをそのまま走る。リルート結果には満足。思ったルートを示している。
そのまま Home 着かと思いきや、「目的地近くに来ました。案内終了。」
地図には道が有るんですが、検索対象外の様です。

地図に載せている道路は検索対象にして、案内して貰いたいですね。

新しいナビの使い勝手を見る、お散歩ツーでした。

このナビ、取り敢えずは「とほほ・・・」にはならない様です。

走行距離:84.2Km  燃費:28Km/L

| | コメント (2)

2012年11月28日 (水)

VT750S:カーナビ交換(DTN-X680LT)

カーナビを交換しました。

これまでのは3.5インチ。
やはり小さいのでグローブをした手でのタッチが今一。
それに道路地図も古くなってきている。特に高速道が入っていない。
液晶が明るい所では見えない。

等々、不満を持ちながらもコンパクトですし、有れば有ったで便利だしで使って来ました。

↓3.5インチカーナビ装着時
Sany06691

でも、やはり大きい方が良いかなと思い、5インチのを探していたところ、
ライダーモード表示、屋外配色、WVGA(800*480) (普通QVGA(480*272)が多い)
なる文字が目にとまりました。
これはバイク搭載に良いかもと。
ワンセグも有りで、値段は12,800円(税、送料込)。

商品は Trywin(トライウイン)のDTN-X680LT。

早速、土曜日に注文。ポイントの恩恵により、実質1万円。火曜日に届く。
今日、装着してみた。
ホルダーは、今のが使える。(スマートフォン用ホルダーの流用です (^-^; )
純正のは箱にしまっておこうっと。。。

↓5インチカーナビ装着時
Sany06661

上下に1廻り、左右に2廻り程大きい感じ。
電源ジャックが左なので、コードが目障りかな。

グローブをつけての指タッチも良好。明るい所でも何とか見えますね。
でも、屋外モードと昼間モードの見やすさの違いは?。どちらも同じ感じ。
音量を大きくしたら、静かな所では人が振り返る位の案内音声。一寸ビックリ。

実際に走って見て、色々とセッティングしましょうかね。

↓DTN-X680LTの仕様
X680lt1

X680lt2

この製品の問題は、やはり道路地図、情報が、ちと古いこと。

地図は1年前の状況(2011年3月調査による2011年10月1日の推測状況)。
よって、新東名は入っていませんよぉ (´・ω・`)ショボーン。
情報は1年半前の状況(2011年3月調査)。

あと、
OSが、ちと古い。(Win CE Ver5。今はVer7。Ver5だからと言って問題ない)
CPUが、ちと遅い。(468MHz。今は600MHz位はザラ。と言ってもその差、体感出来ない)
オービス情報が無い。

まあ、古い設計のままで地図&情報を安価に更新した製品なんですね。

それを承知で買ったんですから、ビシバシ使ってあげましょう。

ライダーモード、屋外モードを使いまくるぞぉ~ (^-^;

| | コメント (2)

VT750S:冬支度

冬支度、と言っても大袈裟な事ではないんです。ハンドルカバーを付けただけです。
Sany06671

そろそろ最高気温も10℃に届かなくなる日も出てきて、ハンドルを握る手も冷たくなって来ました。
ハンドルカバーの出番と相成った訳です。
さらに寒くなったら携帯カイロの出番で、ほかほかコタツとなります。

これで、この冬も気ままに、ぶらりと走り回れるぞぉ (*^-^) 。

| | コメント (0)

2012年11月23日 (金)

ワァ~、累計アクセス数10万超え

VT750S購入の記念に、昨年(2011年)の4月4日、このブログをスタートさせてから1年7ヶ月余りが過ぎました。
そして今日11月23日、なんと累計アクセス数が10万を超えました。
100006_2
ワァ~ (v^ー゜)ヤッタネ!!。(・・・自己満足・・・ (^-^;

全国1都1道2府43県からアクセスして頂いており、嬉しく思う次第です。
皆さん、有り難うございます m(_ _)m。

初めの頃はこんなに行くとは、全く思っていませんでしたねぇ。

これからも My VT750S君の記事を主に、つらつらと書いて行きたい思っていますので宜しくです。

| | コメント (0)

2012年11月20日 (火)

VT750S:最後の紅葉探索ツー

埼玉県の奥秩父の中津峡は紅葉の名所。もう色あせてきているらしいが行ってみることに。
天気も良いので。

昼前に出る。国道299号で秩父へ。そして国道140号で奥秩父へ。
何度も走っているが、平日なら、いつもすこぶる快適に走れる。今日も快適にdashdash
気温は18℃と、こちらも快適 (*^-^)。

奥秩父の滝山ダムまで1時間50分で到着。
ここのダム湖の名前は「もみじ湖」。
Gedc15351 Gedc15371
でも周辺には冴えた紅葉は有りません。この名付け親は誰だぁ~、と心の中で・・・。サァ ケェ ブ。
ダムの駐車場に、小さいカエデの木が申し訳なさそうに色づいています。
申し訳ないので敬意を表し、パチリ (^-^;。

暖かく風もなし。ベンチに座って風景をボンヤリ見ている私は無心。。。
このまま時間が止まってくれれば最高。。。
でも、すぐに現実の神様が、「ゆくりしてて良いの??」と声を投げかけてきます。
VT君も、「走りたいよぉ」と言っているようです。

中津川へ向かいます。
15分ぐらいで中津峡に着きますが、沿道の紅葉は大方色あせ散っています。
横目で見ながら素通りです。
(11月19日付けで投稿されていた写真は何処??。道路からは見えない所??。)

遊歩道となっている旧道に入ってみました。
↓中津川沿いの遊歩道
Gedc15391
日陰ですし、既に落葉していて冴えませんね。
Gedc15431
上を見上げれば気持ちの良い空が。でも、気温は10℃で日陰でもあるので一寸寒かった。

気を取り直して、林道「金山志賀坂線」へ向かいます。
県道210号が右折する地点です。
Gedc15451 
Gedc15452 Gedc13211
2ヶ月前(9月20日)に来た時有った、蜂の巣が有りません。取り払われたのか、落っこちたのか。
我が家にも蜂の巣が有るので、一寸気になったんです。

林道「金山志賀坂線」をドコドコと上ります。

八丁トンネル(延長886m)に着きました。トンネルを抜けました (^-^;。標高は1,225m位。
Gedc15461 Gedc15501
前方の岩山は二子山(標高1,166m)
Gedc15491 Gedc15481
遙か遠くに、赤城山から奥利根の山々を望めます。二子山の向こうのその又向こうです。
(この写真では一寸無理ですね m(_ _)m)

気温は8℃。さすがに寒さを感じます。風も冷たい。

林道を下ります。
かなり痛んでいた所の路面は再舗装され very very good !!。
これなら、また来よおって気にさせますね。

ポツンポツンと、散らずにまだ頑張っている木も有りましたが、ここの紅葉も終わりの様です。
と思いきや、有りました有りましたね。皆で頑張って紅葉している木々が。
Gedc15531
満足満足 (^-^)。

林道「金山志賀坂線」の終点です。
Gedc15541 Gedc15551

時刻は午後3時。ここから国道299号を一路、一気に Home へ。夕方5時一寸前に着。

↓ルート
20121120

走行距離:183.2Km  燃費:33.4Km/L

山間部の紅葉は終わりを迎えています。今年の紅葉探索もこれで一段落。


「そうだ 京都、行こう。」
 

一年なんてアッという間に過ぎていく。
それじゃいけない。
ホーッ・・・・京都の紅葉が、ゆっくりとため息をつかせてくれました。


紅葉は、旅の入り口にすぎませんでした。

(JR東海)

| | コメント (0)

2012年11月16日 (金)

ぶらっと鳥居観音、有間ダムへ紅葉散策(GNネタ)

埼玉県は飯能市名栗の、鳥居観音の紅葉が綺麗とのこと。
天気もまずまずなので、気分転換に昼前にGN君で一寸行ってみることに。
1時間も掛からない所なんですが、一度も行ったことがなかったんですね。

↓鳥居観音
Gedc14981

Gedc14861 Gedc14871
↓本堂
Gedc14891 Gedc14881
↓本堂内の7観音様
Gedc14911
↓紅葉 (鳥居観音は赤系が主)
Gedc14931 Gedc14941
白雲山に登ると、さらなる紅葉のスポットも有りますが、今日は本堂周辺の紅葉のみに。
徒歩で登るのは・・・(^-^; 。バイクで上まで行くと300円。。。
Gedc14951_3

徒歩でも入山料として大人は200円必要なんですが、料金所には人は居ないし、
お金を入れる所がない。皆、自由に参拝道を上がって行きますね。
自動車、バイクは写真の赤いポールにお金入れが有りますよ。

鳥居観音を出て、近くの有間ダムへ寄ってみました。
↓有間ダム
Gedc15021 Gedc15061
紅葉する木は少なくて、冴えません。シンボル的に写真の木が目立っていました。

走っている途中、ちらっとイチョウの黄色が目に入りましたので、寄り道を。
↓とある住宅団地のイチョウ並木
Gedc15071 Gedc15141
道路の片側に約500m、黄色一色。毎年、落ち葉の処理が大変だなぁ、と思うのでした。

約2時間半の、ぶらっと紅葉探索のお散歩ツーでした。
走行距離:71.4Km


| | コメント (0)

2012年11月14日 (水)

収穫の秋

「柿が赤くなると、医者が青くなる。」、なぁんて言う諺が有りますが、
我が家にも柿の木が有りまして、実が段々赤くなってきました。

柿の種類は百匁(ひゃくめ)と言う半甘半渋柿、丸形で大きい柿です。

Gedc15181
写真右は軟式野球のボール。この柿で普通サイズ。

朝夕に鳥がやって来て、突っついて食べて行きます。
甘いのから突っついてしまうし、少し赤くなりかけた段階で突っついて傷を付けてしまうんですね。
毎年、鳥との争奪戦を繰りひろげています。(一寸大げさ (^-^;)
ご近所に傷ついたのを、お裾分けするのも何なんでね。

渋そうなのは、焼酎を「ぶわぁ~~」と吹きかけてビニール袋に入れ渋抜き。
傷物、渋抜き物は自宅御用達。これから柿三昧の日々が続きます。

親戚から貰った柿も有るし・・・。(´;ω;`)ウウ・・・。

| | コメント (0)

2012年11月 8日 (木)

奥秩父紅葉探索(GN125Hネタ)

今日は明け方冷え込んだものの、お日様も出てきて昼前には暖かくなってきた。
バイクに乗れる時間の有る時は、すぐに乗ってしまう私。

11時前にパッとGN君に跨り、夕方4時までには戻りまぁ~す、と言って出発。
目指すは奥秩父の三峯神社先の林道大血川(おおちがわ)線。
紅葉の具合を見に行きます。

国道299号、国道140号を快調に走り、三峯神社を通り過ぎ、林道入り口に到着。(標高約1,050m)
Gedc14641 Gedc14621
Gedc14632 Gedc14631

紅葉の具合を見ながらトロトロと走り、時々停まりパチリ。
Gedc14661

途中の休憩所には。。。(標高約1,150m)
Gedc14741

Gedc14701 Gedc14731_2
この林道は平成8年に開通したとのこと。

カエデが見頃になるにはもう少し先のようです。
Gedc14721

眺めはGood
Gedc14771 Gedc14791

Gedc14821 Gedc14801
Gedc14811

この辺りの山々はカエデ(赤色)、ブナ(黄色)等の木が少ないので紅葉の冴えは今一の感じ。

国道140号に出て、一路 Home へ。夕方4時一寸過ぎに到着。
走行距離:160.2Kmの紅葉探索お散歩でした。
この林道は新しいこともあり、路面の状態は頗る良好。VT君向き。

なお、奥秩父の紅葉名所、中津峡は見頃とか。
またその先の林道金山志賀坂線の八丁トンネルから志賀坂トンネルの間も良いとの情報有り。
ウズ ウズ ウズ・・・。。。


| | コメント (0)

2012年11月 6日 (火)

VT750S:フロントタイヤ届く

4日の日曜日に、注文していたフロントタイヤが届きました。
数ある中から、最終的に決めたのは一番リーズナブルで耐久性重視の、
井上ゴム(IRC)のWF-920   \5,603(送料込)です。
Sany06591
IRC WF-920F                      100/90-19 M/C 57H
Sany06621 Sany06631
TUBE TYPE                         MADE IN  JAPAN (*^-^)
Sany06651 Sany06641
製造時期 3812 (2012年の第38週)
Sany06611
38週と言うことは、9月20日前後

製品の特徴】(IRCホームページより)
こだわりユーザーのニーズをカヴァ-する、IRCオリジナルのファイアパターン。
カスタムアイテムのマスターピースとして、
アメリカンのみならずさまざまなタイプのバイクをドレスアップします。

構造:
フロントタイヤにはハンドリングを重視したシングルクラウンRを採用。
タイヤ断面のショルダーからセンターにかけて、連続したナチュラルなカーブを描くことで、
よりスムーズな操縦性能を実現した。

パターン:
「アメリカンバイクのハードな雰囲気に、ぴったりフィットするタイヤパターン」
というコンセプトから生まれた、燃えさかる炎をイメージさせるワイルドなパターン。
そのデザイン的な美しさもさることながら、同時に十分な排水性をも確保している。
デザインと機能が見事に融合した、IRC渾身オリジナルアイテム。

コンパウンド:
ロングライディングや荷物を積んでの走行を想定。
さまざまなシチュエーションで乗り心地の良さを実現した。
また、大排気量のアメリカンバイクの重量を支えるために、
耐久性と耐摩耗性を重視したコンパウンドを採用している。



これで、ブレーキパッドとタイヤが揃ったので何時でも同時交換出来るようになりました。
現在、走行距離は1万6千キロを超えましたが、ブレーキ、タイヤとも、もう少し使えそうですので
交換は少し先延ばしにすることにしました。

| | コメント (0)

2012年11月 1日 (木)

VT750S:裏磐梯・東吾妻へ紅葉三昧

今、福島県の磐梯吾妻の3有料道路が無料開放されているし、
10月に入ってからは紅葉も見頃になって来たんで、何とか時間を取って行きたいと思っていた。

でも、つい3日前に野辺山へ行って来たばかりなので一寸考えていました。
うぅ~ん、どうしようかなぁ~。時間とれるかなぁ~。

それに、何か福島の天気予報を見ると週半ばから週末は余りスッキリしてないし、
それをやり過ごすと紅葉も終わりになってしまうし・・・。
ここは一発、エイヤーでパパッと無理やり時間を作ってしまいました (^-^; 。
30日、31日で行くことに。

一見、優雅見えますが、白鳥と同じで見えない水面下では必死に・・・。
フォローに・・・。 ι(´Д`υ)アセアセ。

10月30日
少し早起きして、朝の通勤時間帯前の7時半頃には出発の予定が・・・。
通勤時間帯後の10時でした。あくまでも予定は未定とやら。

出足が遅れても下道利用。国道4号をひたすら福島県の二本松まで北上。

郡山バイパスでの一寸した出来事。
右車線を快調に走っていると、左車線を白バイが猛スピードで抜いていきました。
捕まったかと一瞬ビクリ。白バイは走り去りました。ホッと一安心。
暫く走ると1台の乗用車が止められていました。
スピード違反なら、追いかける距離が長すぎるし、その車に追い越された記憶はない。
何で追いかけら止められたんだろうか??。

幹線国道の片側2,3車線区間での右側車線のスピードは速いですね。
やめられない、とまらない、何とか何とか、ですね。

二本松市内の出光で給油。燃費は33.4Km/Lとまずまず。

ここまで約250Kmを休憩含みで約6時間で来ました。
と言うことは、もう午後4時になろうかと言う時間。日が傾き掛けています。
これから磐梯吾妻スカイラインまで行けるか不安一杯。

取り敢えず最初の立ち寄り点、安達太良山山麓の岳(だけ)温泉へ向かいます。

↓岳温泉街入り口でパチリ

Gedc13941
1200年もの前に開湯した古ぅ~い温泉です。何軒か店じまいしている旅館が有りましたね。

坂を上がって、突き当たりに神社が有りました。
↓岳温泉神社です
Gedc13881

Gedc13921 Gedc13901
この神社も古ぅ~いですね。

安達太良高原の道を快適に走り、道の駅「つちゆ」に到着。
Gedc13981
大分薄暗くなってきています。ここの紅葉、今一でした。
Gedc13971

磐梯吾妻スカイラインへ行くことは諦め、宿に向かうことにしました。
が、方向が分からず国道115号、115号旧道、国道459号を道の駅を中心に行ったり来たり、ぐるっと回ったり。
カーナビのリルートが遅くて、今何処??状態。
停まってじっくりカーナビをチェックしてやっとOK。ヤレヤレ、フウゥ~~。

完全に日は落ち、暗くなった国道115号を猪苗代方面へ。
宿へ入る道を行き過ぎたりして、Uターン。これ毎度のこと。
やっと宿の「ひばり荘」に着きました。

↓宿泊旅館 ひばり荘(別棟 ライダーハウス裏磐梯)
Gedc14001
(写真は翌朝)
実際は、ライダーハウス裏磐梯の方をネットで予約していたんですが、
一時お休みと言うことで、予約客は旅館の方に泊めているそうです。

部屋は6畳+1.5畳の板の間、座卓、テレビ、エアコン、洗面所有り、
バス・トイレ無し、と言った普通の旅館の部屋です。
当然、布団&シーツは有りますが、タオル、浴衣、歯ブラシ類は無し。

料金はライダーハウス素泊まり料金(2000円)と同じ。
なお、ライダーハウスの方は道路の反対側に有ります。

お客さんは私一人。食事は頼んでいないので、一寸離れたコンビニまで買い出しに。
戻ってきて、風呂に。宿のご主人と一緒になる。
3.11の震災以降、お客さんは極めて少なく、この周辺で廃業した宿は何軒も有るとか。
昼間はアルバイトに行って、夜も仕事が有れば行って、何とか凌いでいるとのこと。
本当に大変ですね。

風呂から出て、暖かい部屋でテレビを見ながらビール、おつまみ、お弁当をノォ~ンビリ食べる。
さて寝ようと思ったら、何時何処から入ってきたのか虫が3匹。
1匹は灯りの回りをブンブン、1匹は灯りの笠に止まったまま、1匹は天井を歩いている。

静かにしててね、と言いながらいつの間にか意識が無くなった。。。

旅館 ひばり荘 http://www.hibarisou.com/main.html
併設のライダーハウス裏磐梯 http://www.hibarisou.com/touring/touring.html

本日の走行距離:315.8Km


10月31日
今日の会津地域の天気は、午前中は曇り、昼から雨模様と下り坂。
なるべく早めに見る所を見て、帰ることに。

朝8時前に宿を出発。
周辺の見所はパスして、磐梯吾妻レークラインへ向かう。7,8分で料金所到着。
↓磐梯吾妻レークライン料金所(無料開放中) (標高814m)
Gedc14021

ポイントポイントで停まって風景をパチリパチリで行きます。まずは、
↓料金所を出ての所(標高814m)から見た小野川湖
Gedc14031 Gedc14041
↓涼風峠(標高870m)
Gedc14051 Gedc14061
↓三湖パラダイス(標高約975m) 見えるのは小野川湖
Gedc14091 Gedc14081

↓レークライン道路最高点
Gedc14101

レークライン一番の紅葉見所の、
↓中津川渓谷
Gedc14161
まだ8時半なのに、何人もの人が。と言う私もその一人 (^-^; 。
Gedc14121 Gedc14131
曇っているので色合いが今一つですが、中々Goodでした。

↓川の左に道&トンネルが有ります。
Gedc14141
地図を見ると、秋元湖の湖畔からの道で、出森山を回って、このレークラインに出ます。
興味津々。いつか走ってみたい。。。

レークラインを出て磐梯吾妻スカイラインへ向かいます。

9時少し前に到着。
↓磐梯吾妻スカイライン入り口&料金所(標高約1,240m)(無料開放中)
Gedc14171 Gedc14191
↓国見台(標高1,250m)
Gedc14201 Gedc14211
雲が低く、見晴らしはBad。

↓天風境(標高1,200m)
Gedc14261
Gedc14251 Gedc14241

↓スカイライン道路最高点
Gedc14281 Gedc14271
雲が取れてきて日が差してきました。

↓蓬莱山の噴煙
Gedc14301

9時半前に浄土平の駐車場(無料開放中)(標高約1,570m)に着きました。
↓山は蓬莱山(標高1,802m)
Gedc14341
中を回って道路に出て、吾妻小富士の登り口へ。
↓吾妻小富士(標高1,707m)
Gedc14311 Gedc14321
また戻ってきてから登ることにします。元気が有れば・・・。

次の紅葉の見所の、つばくろ谷へ向かいます。
9時45分到着。
↓つばくろ谷と不動沢橋 (標高約1,200m)
Gedc14401 Gedc14411
↓橋の上から
Gedc14421 Gedc14431
↓橋の上から福島市市街地を望む
Gedc14451
福島の天気は良さそう。

こまで来ることが目的でした。戻ります。

↓ガス地帯を再び通過 (停車しないでの800m区間で停車してます(^-^;)
Gedc14461
ガスの影響地帯と紅葉地帯
Gedc14471
Gedc14351
風向きによって、硫化水素の臭いがします。

↓10時15分 再び浄土平
Gedc14551
雲が大分低くなって来ています。
が、記念の為に吾妻小富士へ登ります。

↓吾妻小富士火口(直径約500m、深さ約70m)
Gedc14511
この時、息はゼイゼイゼイ。足はガクガクガク。頑張りすぎたぁ。

↓浄土平駐車場&一人ぼっちのVT君
Gedc14521 Gedc14531
霧が掛かってきましたので、最高点には行かず戻ります。
と言うより、時間と体力の問題かな。

駐車場で新潟から車で来た、男性の高齢者2人に話しかけられる。
「○○から来たんですか。昔、自分もバイクに乗っていて、また乗りたいが、80才にもなると体がね。
天気も悪くなるというので、これで帰るんです。あなたも気をつけて帰って下さいね。」

10時45分。私も駐車場を出発。
程なく霧の中に。段々濃くなってきました。
下っていますので、じきに晴れると思いきや晴れません。とうとう合羽を着ることに。

暫く走ったら霧は晴れました。もう少しの辛抱すれば・・・。
料金所先の空き地で合羽を脱ぎます。

帰りは県道24号(母成グリーンライン)経由で磐梯熱海へ出て、国道49号で郡山へ、
それから国道4号のルートに。

11時50分 母成(ぼなり)峠(標高964m)到着。
↓母成峠古戦場
Gedc14591 Gedc14601
ここは、会津藩を中心とする旧江戸幕府軍と新政府軍が戦った場所で、
旧幕府軍は負け若松城下での白虎隊などの戦いに繋がっていきます。
母成峠の戦い


ここの駐車場でも、年配の男性に声を掛けられましたね。
バイクに乗りたい人、意外と多いんですね。でも、諸事情で乗れないんですね。

Gedc14611

Gedc14581

県道24号も、それなりの紅葉を見ることが出来ました (*^-^)。

郡山市の中心部に入る前に、出光を見つけたので給油。
満タンではなく、Home までの距離を考え5リッターに。

国道4号の鏡石町辺りからパラパラと雨が。再度合羽を着込む。
栃木県に入る頃には雨も止む。が、濡れた合羽を乾かす為にそのまま矢板を過ぎるまで走る。

国道4号と北関東道が交差する宇都宮上三川ICで高速に。
そのまま北関東道で高崎JCT経由で関越道へ。
時間短縮の為、高速ルートを選んだのが大失敗。

出流原(いずるはら)PAで小休止した時、残距離(約110Km)とガソリン量を計算したら、
ガス欠の可能性大。
ここから先は、70~80Km/hで走る貨物車に付いて行く、エコ走行することに。
その速度で走っている貨物車、意外といるもんですね。

Home近くのICを出た所の出光で給油したら9.1リッター入りました。まだ余裕があった。
エコ走行のおかげでガス欠にはなりませんでした。良かった良かった。

Home到着18時20分。結局、時間は下道を行っても同じぐらいでした。
高速料金を損した感じ。郡山で満タンにしておけばと反省する次第。

本日の走行距離:409.9Km

↓ルート(郡山市から)
201210302_2

トータル走行距離:725.7Km  燃費:33.2Km/L

天気が今一つでしたので、紅葉のすばらしさは十分堪能出来ませんでしたが、
まずまずの紅葉ロードは楽しめました。

関東内の観光スポットを離れると、観光客の密度が低いので気分的に落ち着きます。
走っていても気持ちが良いです。

長い記事になりまして申し訳ありません m(_ _)m 。

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »