« VT750S:ぶどう峠経由十石峠 | トップページ | VT750S:ひたすら高速道 »

2012年9月20日 (木)

旧中津川林道下見(GN125Hネタ)

埼玉県と長野県が直接隣接していることをご存じですか。
そしてそこを通る道路が旧中津川林道(埼玉県側、秩父市市道大滝幹線17号線)で、
県境の峠は三国峠。
三国峠と言えば、北海道では国道273号、関東北陸では国道17号、九州では国道326号がよく知られていますね。
この旧中津川林道の三国峠の方はオフロード(埼玉県側)で知られています。

そんな旧中津川林道三国峠を目指してGN125Hで出発。
国道299号をdashdash、国道140号をdash、県道210号をdash &dashdashと快調に走ります。

2時間余りで、県道210号と旧中津川林道の分岐点に着きました。
Gedc13161
右折が県道210号、直進が旧中津川林道です。
Gedc13171 Gedc13211
県道のトンネル出口の上にはスズメ蜂の巣が。バスケットボールを一回り大きくした大きな巣です。
その横にも巣のあった跡が有ります。これが何かの拍子に落ちてきたらと思うと・・・。

旧中津川林道の入り口には全面通行止めの立て看。
Gedc13421

Photo
何やらここから8Km先までしか行けないとか。その先から通行止め。
ありゃぁ~。まあ、行ける所まで行ってみるか。

Gedc13221
彩の国ふれあいの森を過ぎた所に、夜間通行止めの立て看。全面通行止めは無い。
そのまま先に進む。
Gedc13241
中津川浄水場を過ぎ、その先から未舗装になる。
Gedc13261
この先にキャンプ場が有るので車も通り、まずまずの砂利道。

そのキャンプ場に着きました。
Gedc13411

Gedc13291
キャンプ場を過ぎた所に、全面通行止の立て看とゲート。左側には通行可能な幅。
先に進みます。キャンプ場からすぐの所の土砂崩れの箇所は通れました。

Gedc13401 Gedc13361
路面はこんな状態が続きます。落石も。尖った石を踏まないように注意して進みます。

Gedc13311
キャンプ場から約3Kmの橋の所で、とうとう行き止まり。
Gedc13301
鉄枠の柵がしっかりと固定され、道路をふさいでいます。残念ながら物理的に行けません。
ここまでならVT君でも大丈夫。でもあまり意味無いんだね。
ここから三国峠までの約11.5Kmの間の路面状態を知りたかったんだ。
記憶では、かなり厳しい所が有ったはずなんだ。

120920

一路 Home へ来た道を戻ります。

120920_2
帰りはゲリラ豪雨に遭遇。
(秩父東南の雨の所。赤は64mm/h以上。東京電力の雨量情報図より)

土砂降りになる前に民家の軒先で合羽を着込んだので、何とかずぶ濡れにならないですみました。

土砂崩れに土砂降り。とんだ下見ツーでした。(つд⊂)エーン。

走行距離:186.2Km

秩父市役所の情報では、
この通行止めは今年の5月4日に発生した土砂崩落によるもので当分の間とのこと。
と言うことは、12月の冬期通行止めの前に通れるようにならなければ、
来年の春までは確実に通れないと言うことなんだね。
人の居ない区間の市道だから、道路整備の予算が付くのだろうか。。。
国道299号の十石峠手前の様に、当分の間が何年も続く・・・。

|

« VT750S:ぶどう峠経由十石峠 | トップページ | VT750S:ひたすら高速道 »

スズキGN125関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VT750S:ぶどう峠経由十石峠 | トップページ | VT750S:ひたすら高速道 »