« VT750S:旅姿 | トップページ | VT750S:2012年北海道/道北1600Kmの旅(2日目・道内初日) »

2012年7月 5日 (木)

VT750S:2012年北海道/道北1600Kmの旅(1日目)

2012年6月25日(月)、
今年もVT君と北海道の走りを堪能する旅に出発します。

まず向かうは新潟。新日本海フェリーの苫小牧東行き、出航時間は23時30分。
関越自動車道の月夜野ICまで高速を利用することにし、後は下道の国道17号の三国峠越え。
そのまま国道17号、国道8号と下道を行き、新潟まで。

月夜野ICは高速料金半額になる17時過ぎに出ることに。
月夜野から新潟まで下道で約200Km、5時間の予定。
フェリー出航1時間前の22時30分には余裕の到着予定。
月夜野ICまでの時間を逆算し、家を15時に出発することに。
が、30分遅れの出発。まあ、誤差範囲と自己暗示。

順調に関越自動車道を走る。が、渋川辺りから霧雨。段々霧雨から小雨に。
雨をしのぎ、合羽を着る場所が無い。路肩にも行けない。
登坂車線と路肩の間に、幅広&深めの排水路が有るので越えて路肩に行けないのです。

仕方がないので登坂車線の白線の50cm路肩側に駐めざる得ません。
横を大型車が水しぶきを上げて通って行きます。
少し避けてくれる大型車もいれば、そのまま「何でこんな所に駐まっているんだ!」
と言わんばかりに避けずに通る大型車もいます。
実際、こんな所で合羽を着るために駐まるなんて無しですからね。
赤城PA手前5キロ地点での話でした。

月夜野ICを出たのは17時21分。予定より20分の遅れ。
約30分で三国トンネルに。標高は1084m、長さは1218m。
トンネルを出ると新潟県、雨は降っていない。
国道17号は道幅も広く、快適なダウンヒルが始まる。
夕方の18時頃で車は全くいない。信号も無い。夕焼けが綺麗。快適、快適dashdashdash

「ここは北海道???」 と去年も書いた。

五日町の上越新幹線のガード下で乾いた合羽を脱ぐ。18時58分。
長岡市で国道17号から国道8号に。20時4分。
新潟バイパス手前の24時間営業セルフの出光GSに21時9分着。

給油。走行距離:301.3Km 燃費:33.1Km/L

ここからフェリー乗り場まで後13キロ程度。21時半過ぎには着いてしまう。
予定より1時間早い。まあ、遅いより早いほうが良しと。
フェリーターミナルの駐車場、21時45分着。

ターミナル受付にて、苫小牧東港行きの紙をもらいハンドルに掛ける。
Photo
新潟から乗るバイクはVT君を含め4台。スーパーカブが2台とネイキッドリッターバイクが1台。

ターミナルの待合室に戻り、出かける際にスーパーで買い込んだお弁当で、ゆっくり夕ご飯。
少し休憩した後、写真でも撮ろうと駐車場に戻ったら係員がやって来て、
バイクを一番先に乗せますので乗船場に行ってくださいと。
写真を撮ることも出来ず、あたふたと荷物を縛って移動。

e乗船券お客さま控えを事前にプリントアウトしているので、
乗船直前に乗船案内係にQRコードを読み取ってもらって手続き終了。チョー簡単。
と言うことは、出航20分位前に到着すれば何とかなるのかな?

乗船し部屋に持っていく荷物を持って所定の船室へ。部屋は16人定員のツーリストJ(以前の2等)。
何部屋か覗いて荷物が少ない部屋に入る。そこは、敦賀から乗船のご夫婦のみ。奥の隅を確保。
後から若者3人が来て計6人。
Gedc0949
(写真は翌日撮ったもの)

荷物を整理して、風呂に。
去年は乗船も遅く、新潟からの団体客で風呂は一杯との話で諦めましたが、
今年は十分余裕での入浴。汗を流しサッパリした体になって、お休みモードへ。
おっと、その前に洗面所に行って歯をゴシゴシ。
ウォーミングアップランの1日目はこれで無事終了。

本日の走行距離:313.3Km

120625

今年は去年より荷物を多く積めるので、
GPSデータロガーを積んで時間、位置、速度、高度を30秒毎に記録しています。
夜は移動しないので宿に着いたら電源OFF、出発前に電源ONの、
昼間12時間位の記録なら一週間はバッテリーが保ちます。


---2日目(道内初日)の記事に続く

|

« VT750S:旅姿 | トップページ | VT750S:2012年北海道/道北1600Kmの旅(2日目・道内初日) »

①VT750S走り」カテゴリの記事

⑥2012年旅日記-北海道(夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VT750S:旅姿 | トップページ | VT750S:2012年北海道/道北1600Kmの旅(2日目・道内初日) »