« VT750S:旅バイクに一歩前進 | トップページ | 明日、北海道に出発 »

2012年6月14日 (木)

VT750S:秩父事件を訪ねて

早速コンテナBOXの使い勝手を見るために、昼過ぎから一寸お散歩ツーに。
行き先は秩父。新聞に秩父事件の事が出ていたので関係の場所を見学しようと。

いつもの国道299号を秩父へ向かう。今日も快適、快走。
秩父市の市街地を抜け下吉田へ。道の駅「龍勢会館」で小休止&見学。

ここでコンテナBOXの様子をご紹介。
Vt750s_box_1
コンテナBOXはネットをかぶせ安全性を高めています。
このネット、100均で購入した自転車用のを2つ繋げたものです。
白く結ばれているところが繋ぎ目。繋ぎ側のフックは反対側に移動。
既存の隅のフック2つから間に2つ加え、4つフックで使い勝手向上。
ゴムの耐久性は今一でしょうが、頻繁に使うものではないので、まあ良しと。

Vt750s_box_2
蓋はトップケースとの間にストンと収まりますので、置き場所に困りません。
が、トップケースの方は中がのぞける程度しか開けられません。まあ、仕方ないですね。

Vt750s_box_3
ヘルメットもBOXの上に置いてネットを掛ければ安定して置けますし、盗難防止にも。
(その気になれば取られてしまいますが・・・)
一寸移動するにも、このままで便利。一々ヘルメットを被らないで済みます。
実際、会館前までこの状態で移動しました。

↓龍勢会館前でパチリ
Vt750s_ryuu1

ここから秩父事件関係の施設。
Vt750s_ryuu2 Vt750s_ryuu4

Vt750s_ryuu3 Vt750s_ryuu31
映画「草の乱」(2004年)で使われた丸井商店。丸に井の字の家紋(といって良いのかな)。

Vt750s_ryuu5

Vt750s_ryuu7 Vt750s_ryuu6
映画「草の乱」でのオープンセットの一部を移築した建物。喫茶店として営業していました。

Vt750s_ryuu9
秩父事件での訪れるべき場所の案内板。参考になります。

道の駅から5分もかからない所に、農民たちが決起集合した椋(むく)神社が有ります。

↓椋神社入り口の鳥居の前でパチリ
Vt750s_muku1 Vt750s_muku2

↓拝殿
Vt750s_muku3 Vt750s_muku31

この椋(むく)神社には日本の民間ロケット発射として有名な龍勢と言う神賑行事があります。
Vt750s_muku4 Vt750s_muku5
朝から夕方まで1日掛けて発射され、昨年は30発奉納されました。

↓龍勢発射場所の山裾を望む
Vt750s_muku6 Vt750s_muku7

椋神社から秩父事件の資料が展示してある石間交流学習館へ向かいます。
山間の道に入り、神社から15分程で着きました。

↓石間交流学習館
Vt750s_isima1 Vt750s_isima2

Vt750s_isima3 Vt750s_isima4
ここは石間小学校が有った所です。平成12年3月の日付の石碑が旧校庭の片隅にあります。

入館料300円払って入りました。
見学者は私1人のみ。受付のおばさんは展示場の電気やエアコンを付けに回っていました。申し訳ない。
普段は節電している様です。

Vt750s_isima5
廊下や昔の教室が展示場となっています。

Vt750s_isima51 Vt750s_isima52

Vt750s_isima7 Vt750s_isima6
この部屋のビデオ(約10分)で秩父事件の概要を見ることが出来ます。事件の概略は↑。

Vt750s_isima8
この展示場には高利貸しの家の傷つけられた大黒柱が展示してあります。

Vt750s_isima9 Vt750s_isima10
すごく削られています。刀傷らしいですが、ナタも振ったんでしょうかね。
数多くの当時の文書類、事件関連の絵、版画類、養蚕業の資料、等々見切れません。

もう15時近く。展示場を出ます。
寄り道の予定が有ったので国道140号254号経由で帰路に。17時半前に Home到着。

↓ルート
120614

走行距離:144.0Km  燃費:32.0Km/L

秩父事件関係の場所の多くは回れませんでしたが、訪れた3箇所はゆっくりマイペースで見学出来ました。
最近、思った以上に燃費が良いです。悪いことでは無いんですが、何故なんでしょうかねぇ。
走りもマイペースだからかなぁ。と言っても、別にノロノロ走っている訳では無いですよ。

|

« VT750S:旅バイクに一歩前進 | トップページ | 明日、北海道に出発 »

①VT750S走り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VT750S:旅バイクに一歩前進 | トップページ | 明日、北海道に出発 »