« VT750S:立花US・Armyバッグ残念!! | トップページ | 久しぶりの雪かき »

2012年2月21日 (火)

VT750S:三十槌(みそつち)氷柱(つらら)お散歩プチツー

天気晴朗にして風弱し、気温良し。
春の足音が少しずつ少しずつ近づいて来ますね。

先日、西秩父は小鹿野町の尾ノ内氷柱(つらら)を見て来ましたが、
秩父ではもう一つ、三十槌(みそつち)氷柱(つらら)も有名なんです。
isamuさんも厳しい寒さの中、見に行ったとブログに書いていましたね。

今日のような温かい日が続くようだと、溶け始めるので行くなら早くと思い出発。

いつものように国道299号を秩父へ向け快調に走る dashdashdash
いつものように道路工事でストップ、テンション下がる bearing

途中の気温は12℃。風は全然冷たくない。正丸トンネルを抜けた所では10℃。
この感じは、早春ですね。

秩父市内から国道140号に。ここも快調快調 dashdashdash
途中、道の駅大滝温泉で小用休憩。

道の駅から十分程で三十槌(みそつち)の有料駐車場に到着。

Vt750

200円払って料金所小屋の横に駐めました。後ろ半分写っているバイクがVT君です。

一寸移動して氷柱を一望する高台の所でパチリ。     氷柱の全体はこんな感じです。
Vt7502 Vt7503

川の方へ下りてゆき、下流からの全貌をパチリ。
Vt7508

上から撮った氷柱は奥の氷柱です。

写真手前の氷柱は自然に出来た氷柱で、奥のは人工の氷柱だそうです。

↓自然の氷柱
Vt7506

↓人工の氷柱
Vt7509

Vt75041  Vt7505

人の大きさと比べると氷柱の大きさが分かります。そして見栄え良く作られていますね。

この氷柱のさらに奥(上流側)にも氷柱が有ります。こちらは自然の氷柱です。

↓自然氷柱
Vt7507 Vt75071
左上と右上から流れ出た水が段々の氷柱を形成しています。こんな感じ好きです。

見学していたら人工の氷柱、上の方の固まりが溶けて落ち、ドシャッと音を立てました。
これからはどんどん崩れて行くんでしょうね。

川原には石がゴロゴロしていて、こんな石も有りました。
↓穴空き石(正式な名は?)
Vt7500

何年ぐらい掛かって出来た穴なんでしょうか。穴の中には原因元の石も入っていますね。

下流側から駐車場へ向かう階段を上った所には水天宮が有りました。
↓額渕(ぬかふち)水天宮
Vt750ss1

Vt750ss2Vt750ss21
(左の木の立て札の字を石碑にしたのが右。内容は同じです。)

お賽銭を入れ安全祈願を。
水天宮なので交通安全はチョットなんで、諸々の安全をね (*^-^)。

時刻は14時過ぎです。これにて帰ることに。
来た道をそのまま戻る。帰りも快調 dashdashdash
途中休憩することなく2時間弱でHome到着。

↓ルート
120221


走行距離:139.0Km   燃費:33.0Km/L

穏やかな気候で、気持ちよく走れましたね。
気分転換の出来た、お散歩プチツーでした。
燃費も良かった。

|

« VT750S:立花US・Armyバッグ残念!! | トップページ | 久しぶりの雪かき »

①VT750S走り」カテゴリの記事

コメント

昨日はリーマンDHCブログにコメントいただきましたねFYさんのブログここだったんですね。(以前チェックしたことがありました)今後もよらせていただきますのでよろしくお願いします。では 

投稿: リーマン | 2012年3月 8日 (木) 23:06

リーマンさん、初めまして。コメント有り難う御座います m(_ _)m 。
そうなんです、このブログでマイVT750Sのことを書いています。
大した記事ではないですが、よって頂ければ嬉しいです 。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

投稿: FY@管理人 | 2012年3月 9日 (金) 12:24

こんにちは(´▽`)

氷柱は自然の凄さを感じる芸術品ですよね〜寒さを我慢して見学する価値はありますよね!

駐車場代がちと高いですが。。。。 

へえええ。。人口氷柱があったのですね〜知りませんでした。勉強になります。

あと少しで暖かくなりますね〜 お互いにガッツリ今年も楽しみましょう(-^〇^-)

投稿: isamu | 2012年3月10日 (土) 09:35

isamuさん、こんにちは。
まさに、氷柱は芸術品ですね。
近頃、大分暖かくなってきたので走りやすくなりました。
桜が開花するまで、あと3週間位。
花見ツアーで、思う存分走りたいですね。

投稿: FY@管理人 | 2012年3月10日 (土) 16:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VT750S:立花US・Armyバッグ残念!! | トップページ | 久しぶりの雪かき »