« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の8件の記事

2012年2月29日 (水)

久しぶりの雪かき

関東地方の南部は天気予報通り、未明から雪が降り我が家でも15cm位積もりました。
1月の時と同じぐらいの積雪でしたが、昨日の気温が高かったので
午後には雪は溶けて始めました。明日は気温は15℃と温かい日だとか。
そうは言っても雪かきはしなければ。
と言うことで、夕方に雪かき用のスコップを持ちだす。
湿っぽい雪は重たい。
30分位作業をしたのだが、腕・腰が・・・
久しぶりの雪かきで、多分明日は筋肉痛。いや、明後日かな (^-^;

| | コメント (0)

2012年2月21日 (火)

VT750S:三十槌(みそつち)氷柱(つらら)お散歩プチツー

天気晴朗にして風弱し、気温良し。
春の足音が少しずつ少しずつ近づいて来ますね。

先日、西秩父は小鹿野町の尾ノ内氷柱(つらら)を見て来ましたが、
秩父ではもう一つ、三十槌(みそつち)氷柱(つらら)も有名なんです。
isamuさんも厳しい寒さの中、見に行ったとブログに書いていましたね。

今日のような温かい日が続くようだと、溶け始めるので行くなら早くと思い出発。

いつものように国道299号を秩父へ向け快調に走る dashdashdash
いつものように道路工事でストップ、テンション下がる bearing

途中の気温は12℃。風は全然冷たくない。正丸トンネルを抜けた所では10℃。
この感じは、早春ですね。

秩父市内から国道140号に。ここも快調快調 dashdashdash
途中、道の駅大滝温泉で小用休憩。

道の駅から十分程で三十槌(みそつち)の有料駐車場に到着。

Vt750

200円払って料金所小屋の横に駐めました。後ろ半分写っているバイクがVT君です。

一寸移動して氷柱を一望する高台の所でパチリ。     氷柱の全体はこんな感じです。
Vt7502 Vt7503

川の方へ下りてゆき、下流からの全貌をパチリ。
Vt7508

上から撮った氷柱は奥の氷柱です。

写真手前の氷柱は自然に出来た氷柱で、奥のは人工の氷柱だそうです。

↓自然の氷柱
Vt7506

↓人工の氷柱
Vt7509

Vt75041  Vt7505

人の大きさと比べると氷柱の大きさが分かります。そして見栄え良く作られていますね。

この氷柱のさらに奥(上流側)にも氷柱が有ります。こちらは自然の氷柱です。

↓自然氷柱
Vt7507 Vt75071
左上と右上から流れ出た水が段々の氷柱を形成しています。こんな感じ好きです。

見学していたら人工の氷柱、上の方の固まりが溶けて落ち、ドシャッと音を立てました。
これからはどんどん崩れて行くんでしょうね。

川原には石がゴロゴロしていて、こんな石も有りました。
↓穴空き石(正式な名は?)
Vt7500

何年ぐらい掛かって出来た穴なんでしょうか。穴の中には原因元の石も入っていますね。

下流側から駐車場へ向かう階段を上った所には水天宮が有りました。
↓額渕(ぬかふち)水天宮
Vt750ss1

Vt750ss2Vt750ss21
(左の木の立て札の字を石碑にしたのが右。内容は同じです。)

お賽銭を入れ安全祈願を。
水天宮なので交通安全はチョットなんで、諸々の安全をね (*^-^)。

時刻は14時過ぎです。これにて帰ることに。
来た道をそのまま戻る。帰りも快調 dashdashdash
途中休憩することなく2時間弱でHome到着。

↓ルート
120221


走行距離:139.0Km   燃費:33.0Km/L

穏やかな気候で、気持ちよく走れましたね。
気分転換の出来た、お散歩プチツーでした。
燃費も良かった。

| | コメント (4)

2012年2月18日 (土)

VT750S:立花US・Armyバッグ残念!!

立花のUS・Armyサドルバック、
Usarmybag

残念ながら我がVT君には簡単には付けられません。
リアシート部分が特殊ですからね。
Vt750s

このバーが無くてもバッグサポートを付けた時、幅が足りない。

真ん中から2つに切って、シングルにすれば付けられそうですが、
切った後で上手くいかなかったら、もったいないし。

GN君に付けることしました。
このバッグを付けている人、何人か居ますので。
Bag_11_2 Bag_21
(写真 左:kamesenさんのブログ  右:ともよしさんのブログ より)

GN125のシートには丁度良いサイズなんです。

VT君にはシングルのバッグを探しましょ。

| | コメント (0)

2012年2月15日 (水)

備忘録:タイヤ交換(カブ70、GN125Hネタ)

昨年の12月29日、スーパーカブ70君の前後のタイヤ、 29,017Kmで交換。
リアは約1万5千キロ、フロントは約1万キロでの交換。
前後とも3本目に。

フロントはまだまだ使えますが、
1,000円で入手したリア用を使っていましたので交換することに。

タイヤはDURO(デューロ)のフロント1,400円、リア1,500円の製品(リーズナブルな値段 (^-^))。
送料は630円。

Photo


今回はチューブ & リムバンドも交換。
チューブはDUROの550円の製品(リーズナブルな値段 (^-^))。タイヤと同送。
リムバンドは250円の製品。(バイク屋さんに頼んだ。ちょと高い)。

前回は前後別時期だったので、それぞれ自分で交換しましたが、
今回は前後一緒にバイク屋さんに頼みました
(寒いし、面倒くさがり屋になったし (^-^;)。

工賃、当初の話では安くしますとのことだったが、実際は話より高かった。
        当初の話(処分料込) 実際        規定
フロントタイヤ入替 2,400円  2,800円(税別)    5,600円(税別) 
リヤタイヤ入替   3,200円  4,200円(税別)       同上

バイク屋さんは中学校の先輩だし、付き合いも何十年だし、
当初の額忘れているし、景気も悪いことだし、で。。。


そして、この2月4日にGN125H君のリアタイヤ14,135Kmで交換。
井上ゴム(IRC)のNR21/3.50-16 WT(チューブ)に。
Ircnr21
↓Before(タイヤは、SAKURA(台湾メーカー?))
Gnr1b

↓After
Gnr1a


こちらは、カブとは違う、購入したバイク屋さんにて。
(やはり、相変わらず寒いし、面倒くさがり屋になったしで (^-^;))

タイヤの定価は9,100円(税無し)とかを、
タイヤ代6,000円、工賃4,000円のジャスト1万円(税込)。

タイヤ & 工賃、もう少し安くしてくれるかと思ったんですがね。
(タイヤ、ネットだと4,500円前後で有るんです)

ここでも強く言えなかった関東人の私。
半分は関西の血が入っているんですが・・・。


リアタイヤ、カブ君もGN君も1万4,5千キロもちました。
さて、VT君は何キロもつんでしょうか。現在9,022Km走ってます。

| | コメント (0)

2012年2月14日 (火)

VT750S:立花US・Armyバッグ注文

Amazon で立花のUS・ArmyサドルバッグNo.110が 2,962円(税、送料込)で出ていた。

↓これですね。
Usarmybag_2

前から気になっていたんだが、定価7,140円(税込)が安くても5,000円位、
送料も必要なんで、中々買う気にならなかった。

送料込みで2,962円ならと、VT君に上手く付くか分からないが注文。
これで、バッグサポートの金具取り付けが具体化されそう。


この商品に限らず、何で Amazon は送料込みで出せるんだろうかと、いつも思うのです。
買う方にしてはありがたいことですがね (^o^) 。

ありゃぁ、今見たら2,814円とさらに安くなってる。

| | コメント (0)

2012年2月 9日 (木)

VT750S:氷柱(つらら)&旅立ちの丘 ぶらりツー

「天気晴朗なれど風強し、気温低し」なんですが、
良い天気と言うことで走ってみることに。エンジンオイルも交換したばかりだし。
目指すは、最近話題の西秩父は小鹿野町の尾ノ内氷柱(つらら)。

バタバタとやることを済ませたら、あらぁ~、もうお昼。毎度の事で (^-^; 。


国道299号で秩父へ。交通量も少なく、路面も良く快適に走る。
ただ残念なことは、相変わらずの道路工事。
止められる時間は少しだが、せっかくのテンションが落ちる。

途中、ちちぶ道の駅に立ち寄り、
オーバージャケットを着込む & 貼るカイロをグリップに。防寒対策完璧。

秩父ミューズパーク内を通り、再び国号299号へ。
小鹿野バイパスを過ぎる頃には、前後に車は無し。走りは快調快調。
ただし、向かい風が強いので快適には程遠し。

家を出て、2時間余りで尾ノ内氷柱に到着。

↓氷柱は250m先の案内板の前。
Vt750s1

この先の路面、グチャグチャ、ベチャベチャ。進む勇気なし。
右手の駐車場に入り、歩いて行くことに。

↓ここまで車で来れます。この先の林を過ぎると氷柱。
Vt750s3

↓氷柱の全貌
Vt750s4

吊り橋が有りますので行ってみました。

↓吊り橋の上から
Vt750s5

Vt750s6

もっと壮大な氷柱かと思っていましたが、期待はずれ。
それに、自然に出来た物では無く、人工的に作られた物なんですって。
残念、斬り!!。

15時近くなったので、帰り路に。

なだらかな下り & 追い風 & 走っているのはマイバイクだけ。至福の時が流れぇ~る。

国道299号をそのまま秩父市内へ行くつもりが、
信号の無い秩父ミューズパーク経由でと突然思い立ち、
直前に進路変更。

秩父ミューズパーク内の通過も終わりになる頃、どこからか音楽が。今日に限って。
何か塔が有り、そこに人が。
そして何故かUターン。今日に限って。

↓その塔は、旅立ちの丘。
Vt750sm1

↓入り口から入ると音楽が流れるとか。
Vt750sm2

まずは、そのまま塔に登る。

↓秩父市内が一望             右の三角の山は武甲山
Vt750sm3_2 Vt750sm31_2

↓そして沢山の鍵
Vt750sm4

これらの鍵を掛けた皆さん、きっと良い旅立が出来たことでしょう。


入り口から来なくても歌が流れました。それは、「旅立ちの日に」。

こんな歌です。聞いてみてください。

この歌は、1991年に埼玉県秩父市立影森中学校の教員によって作られました。
-----------------------------------------------------
作詞:小嶋 登(校長)・作曲:坂本 浩美(音楽教諭)

白い光の中に 山並みは萌えて
はるかな空の果てまでも 君は飛び立つ
限りなく青い空に 心ふるわせ
自由をかける鳥よ 振り返ることもせず

勇気を翼に込めて 希望の風に乗り
この広い大空に 夢を託して

懐かしい友の声 ふとよみがえる
意味もないいさかいに 泣いたあの時
心通った嬉しさに 抱き合った日よ
みんな過ぎたけれど 思い出強くだいて

勇気を翼に込めて 希望の風に乗り
この広い大空に 夢を託して

今 別れの時 飛び立とう 未来信じて
はずむ 若い力 信じて
この広い この広い 大空に

今 別れの時 飛び立とう 未来信じて
はずむ 若い力 信じて
この広い この広い 大空に
---------------------------------------------------

卒業式に歌われる定番の一つらしいですね。
拙者の時代には、「仰げば尊し」しかなかった。

しばし歌を聴いた後、旅立ちの丘から旅立ちました (*^-^) 。

来た道、国道299号を快調に走り Home へ。17時過ぎに帰宅。

ルート。
120209

走行距離:160.8Km   燃費:31.2Km/L

気分良く走り、思いもよらない、ぶらりツーでした。

| | コメント (0)

2012年2月 3日 (金)

VT750S:2回目のエンジンオイル交換

前回の交換から8ヶ月半、7,586Km走って、今日2回目の交換を行いました。
取扱説明書では1万キロまたは1年ごととなっていますが、これより少し早い交換ですね。

前回(2011/05/18の記事)は2輪用のSUMIX(645円/L)を入れましたが、
今回はシェブロンのシュープリーム10W-40(330円/L 本(946ml))を入れました。

Photo

交換の量の目安は2.5Lなので、2本と608ml入れることになります。
(実際入れる量は適当に目分量です。)
1本は946ml。アメリカ製品なので1/4ガロンなんですね。

まずは、VT君のオイルを温めるためホームセンターまでオイル処理箱
(4.5L用の198円)を買いに走る。

あとは、程よく温度が下がった頃を見計らって交換作業に入ります。
ドレンボルトの位置はこちら(2011/05/14の記事)を。
ボルトを回す作業は姿勢が少しつらいですね。

2.5L入れて車体を真っ直ぐにした後、オイルレベルをチェック。OKです。

早速、フィーリングを確かめるため一回り走ります。
シフトチェンジも何となくスムースになった様です。

新しいエンジンオイルはやはり良いですね。

| | コメント (3)

2012年2月 1日 (水)

VT750S乗って10ヶ月

去年の今頃、このVT750Sを買おうかどうか色々と情報を収集したり、
バイク屋さんに話を持ちかけたりしていました。
3月11日の東日本大震災で、一寸気持ちが落ちましたが、
気合いを入れ直し、めでたく4月にオーナとなった次第です。
ハーレー XXX のパクリなんて言う言葉は全く気にすることなく購入しました。

それから10ヶ月、故障もなく恙(つつが)なく今日まで来ました。
本当にガツガツしない、がっつかない、奇をてらわない、
オーソドックスな良いバイクなことが分かりました。
私の気持ちに合わせてくれるバイクです。

まあ、スピードやパワーや格好良さを求める人には物足りないかと思いますが、
私には、もうこのレベルで十分ですね。燃費もまずまずですしね。
(長距離走るとスーパーカブ君はオーバー60Km/L、
GN125H君はオーバー50Km/Lなんで、
VT君の30Km/Lはまずまずとなってしまうんです。。。
排気量が違いすぎるから比較すること自体・・・、なんですがね。)

欲を言えば、もう少し軽量で取り回しも楽になると最高ですね。
(段々体力が落ちてくる 落ちている歳なんで (^-^; 。)

最近、シフトチェンジがスムーズでなくなってきましたので、
そろそろエンジンオイルの交換を。7600Km弱走っています。
前回入れるのを止めた、シェブロンのシュプリーム10W-40を入れて見ようかと。

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »