« VT750Sとの遭遇 | トップページ | VT750S:ハッピートリップメータ »

2012年1月13日 (金)

VT750S:リベンジプチツー、厄よけ&茶釜

昨年末、行こうと思った「佐野厄よけ大師」、見ようと思った「分福茶釜」、
今日リベンジの日と相成りました。

日は13日の金曜日・・・(キリスト教徒ではないので意に介さず)、
また、暦の六曜は先勝、万事急ぐが吉!!(一応考慮します)。
とは言うものの、何だかんだでもうお昼。あたふたと冬支度をし出陣。

風も強くなく、気温も10℃を超えるとの予報。
ホント、寒くないです。ハンドルカバーの中は湿度100%、蒸れ蒸れ状態。
走りながら左手を出し乾かし、停まったら右手を出し乾かす。この繰り返し。

↓2時間弱で「佐野厄よけ大師」に着きました。
Vt750s

境内の中の駐車場には入れません。
交通整理のおじさんが、
バイクは200m位先の無料駐車場に入れてください、と指示する。
周辺は民間(民家の庭)の有料駐車場だらけ。正月の参拝者目当てなんだね。

行った先の駐車場は車で満杯。ここでバイクのメリット発揮。
車の出入りに全く影響のない壁際に置くことが出来ました。
バイクは我がVT君1台だけ。やはり、この時期バイクではねぇ。

↓歩いて先ほどの山門の所へ。
Vt750s_2

正面から撮りたかったのですが逆光だったので右からの角度で。

境内に入り真っ直ぐ行き、右手の本堂の方へ。

↓直接の参拝者は真っ直ぐ、祈願する人は左手にと分かれています。
Vt750s0

↓本堂
Vt750s_3

↓祈願受付
Vt750s_4

↓今年の厄年、祈願料など
Vt750s_5
Photo

本堂の中には、厄除け祈願の人が大勢座っていました。
我が輩は厄年ではないので、普通に参拝。

境内を見て回りました。

↓水子供養
Vt750s_6

↓金ぴかの釣鐘
Vt750s_7

↓普通の釣鐘(こちらが昔からのお寺の鐘)
Vt750s_8 Vt750s_9

参拝者は思った程多くはなかったです。正月三が日は大変な人出だったでしょうね。

その後、観光会館へ行ったりしたので、1時間近く時間を使ってしまいました。
もう14時半近くです。次の目的地、茂林寺に向かいます。


↓30分位で茂林寺入り口に着きました。
Vt750s_10

↓境内の狸さんです。
Vt750s_12 Vt750s_11

衣装は無く、素の姿でした。寒むそぉ~。

本堂右手の受付で、茶釜拝観料300円を払い本堂の中へ入ります。

↓まずは、ご本尊さん(一番奥です)を拝みました。
Vt750s_13

↓次に、観音様を拝みました。
Vt750s_14

大きな金箔の立派な観音様ですね。

↓分福茶釜の置いてある部屋に(茶釜は奥に有ります)。
Vt750s_15

↓茶釜です。
Vt750s_16

↓ちょっとアップで。
Vt750s_17

Vt750s_18


↓本堂の左手奥には、歴代住職を供養している部屋があります。
Vt750s_20

(字、読めません m(_ _)m )

↓その中です。
Vt750s_21

正面が、お寺の開山、大林正道大和尚さんの座像です。
その右手前には、納骨前の骨壺が2つ安置されていました。
そして、左右には数多くの位牌が置いてありました。

本堂の中に入らなければ見ることの出来ない場所ですね。

↓廊下の上には籠が。
Vt750s_19

徳川時代に住職が使っていた物だそうです。
格式の高いお寺なんですね。


↓廊下の壁には、皇室の方の参拝記念写真に並んでこんな色紙が。。。
Vt750s10

ここで狸さん相手に茶釜のお湯でウィスキーのお湯割りでも飲んだんでしょうか?(笑)

分福茶釜を見に来たんですが、それ以上の見学が出来ました (*^-^)。

時刻は15時半。日も大分落ちてきています。
今日はカーナビに従って一路Homeへ。
最短経路にしたら、畑の中やら住宅地の中やらを案内する。。。
確かに距離最短ですが・・・ (^-^; 。

茂林寺を出て1時間半、17時頃にHomeに無事帰還。

ルートです。
120113_2


走行距離:116.9Km。  燃費:28.4Km/L。

参考までに、
佐野厄よけ大師のホームページ(http://www.sanoyakuyokedaishi.or.jp/)。
茂林寺のホームページ(http://www7.plala.or.jp/morin/)。

|

« VT750Sとの遭遇 | トップページ | VT750S:ハッピートリップメータ »

①VT750S走り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VT750Sとの遭遇 | トップページ | VT750S:ハッピートリップメータ »