« VT750S:ハッピートリップメータ | トップページ | VT750S乗って10ヶ月 »

2012年1月26日 (木)

VT750S:小仏関跡&相模湖

今日は26日、前回VT君に乗ってからほぼ2週間が過ぎた。
やはりこの時期なかなか気力が・・・。
それに、23日の夜からの雪は都内では6年ぶりの積雪4cmを記録したし、
我が家の周辺もそれなりに積もったんで、この雪が消えないと乗れないしね。

さて、雪も概ね溶けたので一寸走ることに。
ただ日陰には雪が残っているし、凍結も怖いので暖かくなったお昼前に出ることに。
やることをやって、バタバタと準備し、甲州街道の小仏関跡へ向かう。

国道16号で八王子市に入り、そこから国道20号へ。
両道路とも主要幹線道路なので全く雪は無く、今日はいつもより交通量は少ない。
八王子市内も交通量は少ない。快調、快調。

高尾駅の前を過ぎ、中央本線のガードをくぐった先の西浅川交差点を右折。
程なく右手に目的地の小仏関跡が有ったんですが、気付かず通り過ぎました (^-^; 。

それらしき物が見あたらないので、Uターン。
ノロノロ&キョロキョロ、坂を下って行くと有りました、有りました (^-^)。

↓小仏関跡に着きました。
Vt750s

Vt750s_2

Vt750s_3 Vt750s_4

昭和3年に国が指定した古い史跡なんですね。一通り説明を読み、辺りを見学して、
次なる目的地の相模湖の鼠坂(ねんざか)関所跡へ向かいます。


↓国道20号大垂水峠へ向かう途中の様子。
Vt750s_8 Vt750s_9

時刻は13時半頃で一番暖かい時ですが、気温は1℃。
道路端には雪が残っていて、路面は湿っています。
安全運転で坂を上がっていきます。

↓大垂水峠の手前の様子。
Vt750s1

まさに冬の峠道の景色です。こんな所でこんな風景に遭遇するとは。。。


↓無事、相模湖に着きました。
Vt750s_5

小舟を出して釣りをしている人、3人。冷たい北風も無く、のどかです。
地形の関係で、北風が強く無いんですね。

↓ベンチには一人の女性が座っています。
Vt750s_6

↓失礼ながらズームアップ。
Vt750s_7

絵を描いていました。只それだけですよ (*^-^)。

↓嵐山を望む。
Vt750s_11


小休止の後、鼠坂(ねんざか)関所跡へ向かいますが予備知識ゼロ。
沿道の案内板が頼り。。。
でも、残念ながら案内板は何処にも有りませんでした。(´;ω;`)ウウ・・・ 。
それらしき場所は食事処の有る所ですが、
今日はお休みでロープが張ってあり中に入れません 。(´Д⊂グスン 。

↓関所跡の位置
Photo

と言うことで、次回の宿題となりました。

気を取り直して、相模ダムへ。
相模湖は何度も来ましたが、何故か相模ダムは訪れていないので。

ダムの写真ポイントを探している時、
先の嵐山の登山道入り口が有りましたので、
↓パチリ。
Vt750s_12

山頂には、産霊宮水上神社と言う縁結びの神が祭られた小さな神社が有るそうです。
健脚の人は30分で頂上へ行けるそうなので行ってみてください。
我が輩には、これは宿題にはなりません (^-^; 。
健脚でないし、今さら縁・・・・・・(有っても良いかも)。


写真ポイントが無かったので、こんな写真でお茶を濁します。

↓相模ダム。
Vt750s_13

昔は向こうへ行けたみたいですが、橋は老朽化しているので立ち入り禁止となっています。

↓ダムの湖側
Vt750s_14

時刻は14時半を過ぎていますので、来た道を戻ります。
大垂水峠は安全速度で慎重に。後は普段のペースで。


国道16号のアメリカ空軍横田基地手前から、カワサキのゼファー1100らしきバイクが
付かず離れずで付いてきました。
こちらがスピードを出せば、向こうも出す。大型トラックを追い越せば、向こうも追い越す。
ぎりぎり信号を通過すれば、向こうは信号無視で通過する。
こちらのバイクに興味有るみたいだ。

赤信号で停まった時、ちらっと後ろを向いて確認したのでカワサキのバイクと判明。
カウル無しで寒風まともに受けて走ってます。寒そぉう~~~。
基地を過ぎ瑞穂町に入ったら、交差点を右折していったね。バイバイ~。


まだ日のあるうちにHomeへ無事帰艦。

ルートです。
120126


走行距離:123.4Km。面白い数字が出ました。給油はしなかったので燃費は無し。


いつも事前の調べなく行ってしまうので、時間を効率よく使えません。
が、現地でウロウロするのも、これまた面白いと思っていますので、
気にしないことにしています。ソロの楽しさですね。

|

« VT750S:ハッピートリップメータ | トップページ | VT750S乗って10ヶ月 »

①VT750S走り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VT750S:ハッピートリップメータ | トップページ | VT750S乗って10ヶ月 »