« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の14件の記事

2011年8月31日 (水)

VT750S:神津牧場&内山峠&燃費22、23回目

昨日の事ですが、群馬県の神津牧場と国道254号旧道の内山峠へ行って見ました。

国道254号を藤岡市、富岡市、下仁田(しもにた)町と西進し神津牧場へ向かう分岐点に来ました。

Vt750s_r254Vt750s_9

ここから5.5Kmで牧場です。

その前に、ここから見た荒船山(標高1422.5m)の艫岩(ともいわ)(標高1360m位)
の絶壁をパチリ。

Vt750s

ここは、漫画家(漫画クレヨンしんちゃん):臼井儀人 さんが上から下を覗き込んで滑落死した絶壁です。

 

国道から分岐して15分ほどで神津牧場の入り口の、牧場を一望する場所へ来ました。
標高は1100m位です。天気は曇り、それ程暑くなく、湿度が無いので爽やかです。

牧場はここから少し下った所に有ります。

Vt750s_2

神津牧場は明治20年に日本最初の洋式酪農を取り入れた、歴史ある牧場です。

Vt750s_3

着いたのは午後3時前でしたので、午後2時半から始まる搾乳の様子を見学できました。

Vt750s_4

牛はイギリス原産の乳牛、ジャージー種です。
柵の中に入って乳を搾られている間、牛は餌を食べています。

Vt750s_5

のんびり40分ぐらい牧場を見て回りました。
牛だけでなく、ヤギ、ヒツジ、ウサギなどがいます。

神津牧場を後にして、内山峠に向かいます。10分ほどで着きました。

内山峠の標高は1066mらしいです。(正式な数字は分かりません。)
木立の中なので見晴らしはダメです。

ここから先は長野県佐久市で、道路は佐久市の市道となります。

Vt750s_6

群馬県からの道は国道254号旧道です。(管理は群馬県)

Vt750s_7


現在の国道254号が整備された時、国道の名前は外されたのですが、
群馬県では国道254号旧道として扱っているそうです。

まだ現道が整備されていない頃、現旧道を何回か通ったことが有りますが、
今回もその一部を走りましたが、こんな狭い道だったんだ、こんなに急カーブだったんだ
との思いに浸りました。


内山峠から、来た道を引き返し、3時間余りノンストップでGSへ&自宅へ。


下仁田からのルートは下図のとおりです。

Vt750s_8


燃費22回目は神津牧場へ行く途中の富岡市郊外にて、
先日の松姫峠の分と合わせ226.0Kmで32.2Km/L。

燃費23回目は帰り途中の自宅近く、149.6Kmで31.9Km/L。

ツーリングではリッター30は下回りません。良い燃費です。

| | コメント (3)

2011年8月27日 (土)

人工芝突起でのシート凹み解消

人工芝の裏の突起で、シートが凹んでしまう欠点を解消すべく、
100均で何か適当なのがないか探してみた。

こんなのが有った。ジョイントマットである。

Photo

材質はEVA(発泡スポンジ)、厚さ0.6cm。これを人工芝とシートの間に入れてみよう。

ハサミでチョキチョキと余分な分をカット。

実際、間に入れて使ってみた。

人工芝の突起が当たる面は、しっかりと凹みが。しかし、裏は影響なし。

Photo_2

つまり、シートに凹みは付かない。これで問題解消。一件落着。 scissorsピース。

 

| | コメント (0)

2011年8月26日 (金)

VT750S:R139松姫峠散歩

きのう、昼間に時間が取れたので暫くぶりに給油しに行ったのですが、
そのまま帰るには惜しいので、そのまま散歩にGOしてしまいました。

北方面は豪雨に遭遇する危険が有るので南へ。
実際、午後には群馬の前橋や栃木の宇都宮付近では豪雨が発生していましたね。

南方面で涼を求められ、地理不案内でない所を考えると、奥多摩辺りとなります。

まずは、奥多摩湖へ。あまり涼しくありません。と言うか、日差しが強く暑いです。
小用を終え、速攻で出発 dashdash

いつもなら、奥多摩周遊道路へ行くところですが、たまには東京都を離れ山梨県へ。
とすると、国道139号の松姫峠で富士山でも見えたらと。

国道411号から国道139号へ曲がり、山梨県の小菅村に入る。
そのまま行けば松姫峠へ行けるのですが、ショートカットの村道へ入る。

原始村なる観光施設を右に見て、村道の終点の県道18号に。

Vt

左に行くと鶴峠(標高870m)、右に行くと国道139号。

右に行き国道139号へ戻り、峠道に入る。
1.5車線の道を登り終わると松姫峠(1250m)。ここから先は大月市。

Vt2

松姫峠の記念碑前で記念の写真をパチリ。
Vt_2

気温は21℃。それ程涼しいと言うわけでもない。

残念ながら富士山は見えず、黒い雲が発生している。

このまま行くと天候と、時間の心配(散歩ではなく遠足となってしまう)
で、引き返すことに。

VT君のシートには、あの人工芝のお尻蒸れ解消グッズが付いていますよ。
すこぶる快適ですね。欠点は解消されてます。これは、次の記事にて。

帰りはノンストップで自宅まで。150Km程の散歩でした。

今回の散歩で、総走行距離が5,135Kmとなり5,000Kmを超えました。
ここまで順調に来ていると思いますね。(^-^)

| | コメント (3)

2011年8月24日 (水)

VT750S:燃費21回目

北海道から帰って来てから、
家の近くとか、奥多摩周遊道路へ一寸行った位で、あまり走っていませんでした。

走っていないと言っても200Kmは超えていましたので、今日、給油しました。
224.9Km走って、燃費は28.7Km/Lでした。

まあまあの値ですね。

| | コメント (0)

2011年8月21日 (日)

休日なのに雨、雨、雨

猛暑日が一段落して、涼しくなったと思ったら雨、雨、雨・・・。

今日も朝から雨。そんな訳で、VT君を出撃させられません。 (;д;)グスン 。

仕方が無いので、パソコンで色々調べ物や記事の作成中。

今週末は天気回復し残暑厳しいとか。でも猛暑日でなければ出撃予定。

早く秋晴れにと願う雨の日の休日です。 本当に オ・ネ・ガ・イ m(._.)m します。

| | コメント (2)

2011年8月20日 (土)

VT750S:新しいブログの紹介

埼玉のVT750Sのオーナーさんのブログを紹介します。

isamu さんの  VT750Sツーリング日記 (http://blog.goo.ne.jp/vt750s) です。

今日初めて記事がアップされ、ブログが公開されました。
ホヤホヤ、アツアツのブログです。

ツーリングの記事を主に書くようです。
また、「VT750S乗りの方!ご一緒にツーリングしましょう」とのことです。

| | コメント (0)

2011年8月18日 (木)

奥武蔵グリーンライン散策(GN125Hネタ)

埼玉の熊谷では7日の日から今日まで12日連続の猛暑日。
当方の地でも熊谷に負けないぐらいの暑い日が続いています。
皆さんの所は如何ですか。

さて、我がVT君、北海道から帰って来た後、200Km位しか走っていません。
バイクに乗ってないわけではなく、リトル万能攻撃機GN125H君にはチョコチョコ乗ってまぁ~す (*^-^)。

VT君ネタが無いので、初めてGN君のネタを乗せます。

この暑い中、奥武蔵グリーンラインを散策してきました。

色々なルートで何回も行っているのですが、高篠峠に直接行く林道大野峠線の入り口が
いつも分からないので、今回、その入り口を探すのが目的です。

下の図の赤い線が林道大野峠線ですが、右側の青い線から上ってきて、
入り口が分からず、水色の線に行ってしまうのです。0817_1

ところで、奥武蔵グリーンラインとはこんな道路です。

Photo

奥武蔵丘陵の尾根の稜線を走る林道で、正式名称は、林道奥武蔵1号線、2号線。

1

1.5車線で木立の中を走っています。最高点は大野峠の850m。
首都圏に近いので、休日は車、バイクが多く走りにくいです。

3本の道路をチェックしましたが、いずれも奥の方の集落へのアクセス路で、
4本目で林道大野峠線の入り口が見つかりました。
(結果として高篠峠に行ったので、そうと分かった訳ですが・・・。
入り口の所の、林道大野峠線起点 と言う標識を見落としていたのでした。)

高篠峠に着きました。パンパカパアァ~ン、GN125H君の初お目見えです。

Photo_23

こんなバイクです。よろしくね。

高篠峠(GPSで834m)、大野峠(850m、GPSで860m)、刈場坂(かばさか)峠
(818m、GPSで840m)、

GPSの高度ってどの位正確なんだろうか、よく分からんですね。

Photo_3
刈場坂(かばさか)峠です。

さらに、ぶな峠、飯盛峠、花立松峠、傘杉峠、顔振峠を経由して
国道299号へ降りて行きました。

0817

さすがに標高800mを超える木立の中はやはり涼しいですね。

一方、国道299号~自宅まで、オエェと言う暑さの中でした。

VT君からGN君に乗ると、その身軽さをつくづく感じますね。
また、中低速重視エンジンですので4速、5速でもトコトコト上って行きます。
ウロウロするにはもってこいのバイクですね。

かといって、5速は1,000rpmあたり11Km/hで、10,000rpmまで行けますので、
一般道では十分な速度で走れます (^-^)。

次回は、VT君のネタを何とかね。

|

2011年8月15日 (月)

気になっている事

以前、コメントを頂いた「NY団塊世代」さんのVT750Sのカスタマイズ、
特にキャリアー、上手く出来たのでしょうか。
どの様な感じになっているのでしょうか。
参考にさせてもらえないでしょうかね。

気になっている事でした。

| | コメント (2)

2011年8月14日 (日)

人口芝グッズの欠点

夏場、お尻の汗を少しでも発散させるため、通気性の良い人工芝を使った
蒸れ解消グッズのインプレです。
(記事:シートにこんなの付けました

Vt750s

中々、通気性の面では優れものであることを実感しましたが、欠点が有ります。
裏側の突起なんですね。

Vt750s33

これがシートに凹みを作ってしまうのですね。この凹み、すぐには戻りません。
また、体重が強くかかるとシートを突き破いてしまう恐れもあります。

よって、この人工芝とシートとの間に、タオルなり厚手のビニールなりを
はさんで凹みを抑える必要がありまぁ~す。

| | コメント (0)

2011年8月10日 (水)

猛暑日は本当に暑い

積載量十分なスーパーカブで近くのホームセンターまで買い物に行ってきました。

いやぁ~、人の多いこと。皆さんお盆休みに入ったんでしょうね。
私も多い中の一人なので、人のことは言えませんが・・・。

ところで、埼玉、群馬あたりの猛暑日は、本当に暑いです。

バイクで走っていても風が涼しくありません。
体温以上の温度の空気が当たるから暖かいです。

去年も暑かったですが、今年も猛暑日が多く暑いです。

買い物はと言いますと、メンテ用品の油汚れを落とすパーツクリーナーです。
840mlのスプレー缶で、逆さ噴射OK。価格178円とリーズナブルな製品です。

これで、本格的にVT君を始め他のバイクのチェーンを綺麗にしてあげます。
乗らない時はメンテ、の気持ちとその準備の姿勢はあるのですが・・・。
猛暑、猛暑、猛暑、・・・。

| | コメント (2)

2011年8月 7日 (日)

天候不順と言うよりは

このところ、関東地方はお昼頃から、あっちこっちでゲリラ的集中豪雨が発生しています。

本当に半端な降りかたではないんですよね。
台風並みのドシャ降りなんです。時には強風や雷も伴います。

大気が不安定だからでしょうが、もはや天候不順とは言えないですね。
温帯気候から熱帯地方の気候に近づいているのではと思うぐらいです。

先日の北海道でも、今年は雨が多いと言っていましたね。

出来れば雨の中の走りはしたくないので、
我がVT君は遠出ができません。
午前中に家の近くをチョロッと走るだけです。

天候不順と言うよりは、欲求不満の精神不順に落ち居ってまぁ~す。斬り!!

| | コメント (2)

2011年8月 5日 (金)

シートにこんなの付けました

この時期、バイクに長時間乗っていると、お尻からの汗がズボンに染みます。
そしてシートと密着しているのでなかなか乾きません。

時々、お尻を浮かせて乾かそうとしますが、長時間できないので、
あまり効果大ではありません。

そんなことで、こんなものを付けてみました。

Vt750sVt750s

 ホームセンターで売っている、30cm*30cmの人口芝(88円)です。

前になる2隅をハサミでチョキチョキと切り落とします。簡単に切れました。

小さいフック付きの短いゴムバンド(3本105円)を前と後ろにかけます。
フックはシートの縁に引っ掛けます。

まだ、短時間しか試していないので、効果発揮とまではいきませんが、
お尻とシートが密着しないし、隙間を空気が流れるので快適になるはず。

簡単にできて、取り外しも簡単。
使わないときはリアBOXの中に敷いておけば場所にも困らない。

まあ、見た目は悪いですが、名より実を取ったほうが賢いとの心です。

| | コメント (2)

2011年8月 3日 (水)

ディスクトップPC成仏 &New Note PC 来る

6月の中旬にノートパソコンが成仏し、マニアチックなディスクトップ自作機に移行したが、
これも7月31日に成仏してしまった。もう少し頑張って貰いたかったのだが。

死亡原因:電源トランスのショート

このトランス、購入当時からの数少ない生き残り部品の一つで、足掛け13年の年季もん。

他は問題ないので、トランスを交換すればパソコンは不死鳥のごとく甦るが、
如何せん、その能力は時代には大きく遅れているので、再生させるか思案中。

ノートパソコンが成仏した後、新しいノートPCを物色していたが、
とある通販ショップでこんな中古の商品を見つけた。

Pc1_2

成仏した前のPCと同様、NECのオールインワンのPCだ。

法人向けのPCで、どうやら3年リース終了の物らしい。
スペックもまあまあ妥協できるレベル。

リカバリーCD、説明書等はなく、本体とACアダプターのみ。
値段は送料込みで25,999円。一寸高いかと思うが、1年間の保障、サポート付きだ。
まあ、保障、サポートと言っても、お店が消えてしまえば意味ないですがね。

最終的に31日の夕方にディスクトップから注文した。
(そうなんです、注文した日の夜中にディスクトップが成仏したのです。
何と言うタイミング良さ。)

ショップの対応は早く、翌1日に発送。2日には届く。

本体は綺麗にクリーニングしてある。電源を入れるとすぐに使える状態。なかなか良い。

只、キーボードには使い込まれてツヤツヤしているキーがある。
Enter、 space、 BackSpace、 Del、そして A、I、U、E、O 。

このPCを使っていた人は、ローマ字入力で、キー間違いが多く、その訂正のため
BackSpaceや Delキーをよく使っていた、と思うのである。

ウイルスチェックソフト、ブラウザーソフト、メールソフトなどをインストールし、
3日の今日、これを書いている。

これからこのNew(Old?) Note PCが主力戦闘機となる。
後、2,3年使えれば言うことないね。期待に応えて欲しいね。

| | コメント (2)

2011年8月 1日 (月)

VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(7日目)

2011年7月10日(日)、
今日は北海道の旅の最終日、自宅へ帰る日です。

昨夜、定刻19時30分にフェリーは苫小牧東を出航し、一路、船は新潟へ向かいます。
船は行きと同じ「あざれあ」。苫小牧東-秋田-新潟-敦賀の航路です。

ここで一寸、昨夜の2等船室の話をします。
2等船室は8人*2の16人部屋です。

79

バイクの乗船は一番遅く、その中で我輩はさらに遅かったため、
既に新潟まで行く人たちの船室は何処も込み合っていた。

そこで、敦賀行きと、秋田行きの部屋を覗いてみたら、秋田行きには女性が一人。
早速ここに入り、海側の隅を確保。

そのうち、一人の男性が入ってきて(女性の旦那さんでした)、出航間際に男性2人が入ってきた。
全部で5人。まあ許容範囲ですね。

朝の7時45分に秋田港に。部屋の4人の人は下船。
我輩は荷物を簡単にまとめ、秋田→新潟の部屋を確認し、そこへ移動。
(秋田部屋利用は、苫小牧東→新潟の部屋が込み合っている時の裏技です。)

秋田からの乗船客はまだ居ませんので、当然、部屋には私1人です。
部屋掃除に入る人たちが、何処まで行くのですか、と聞きます。
見回りの乗務員の人からも、何処まで行くのですか、と聞かれます。

そこは秋田までの部屋の1つでしたので、下船し忘れている人かと思われたようです。

乗務員の人が、掃除をしますので貴重品は持って、暫く空けてくださいと。
分かりましたと貴重品を持ってロビーへ。そこで朝食をズルズル、ムシャムシャと。

清掃後、所定の部屋以外は封鎖されます。

船は9時に秋田港を出航。部屋には誰も入ってきません。
上の写真はその時の様子。新潟まで残り6時間30分、1人で1部屋独占でした。

朝食、昼食、おやつ、昨日の中富良野のスーパーで買出しした食料で済ませました。
ご馳走様でした。

15時過ぎ、いよいよ新潟港に入ってきました。
帰りも、行きと同様に航海中は天気もよく、穏やかな時間を過ごしました。

710

定刻15時30分に着きました。バイクの下船は最後です。

下船しました。ムゥ~と言う空気。気温は36度。アチィ~~。
気を引き締めて、さあ出発。

新潟市内で給油。
前回、比布(ぴっぷ)で給油してから261.1Km、燃費は33.2Km/L。

高速インターへ向かう途中で、ETCのカードをセットしていないのに気づく。

暑い中、リアBOXからドライバーを出しサイドケースを開け、
電源をつないで本体にカードを入れ、確認ランプの色をチェック。
短時間だけど、中腰作業なので汗ビッショ。

インターに入りETCゲートへ。ゲートのバーに近づいたら、バーがサッと上がったので安心。
毎回、ちょっと緊張しますね。

高速を、特に飛ばすわけでもなく、遅く走るでもなく、淡々と走り続けます。

途中2回ほど休憩を入れて、自宅最寄のインターで下りる。

インター近くの出光で給油。新潟から286.4Km、燃費34.9Km/L。何と良い数字。

程なく自宅へ着きました。時刻は20時30分。これで、今回の旅も無事終わりました。

本日の走行距離:296.8Km

これにて、2011年北海道の6泊7日(北海道内4泊5日)の旅日記も終わりです。

お疲れ様でした。

| | コメント (3)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »