« VT750S:走った北海道、道南道東1400Kmの旅 | トップページ | VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(2日目(道内初日)) »

2011年7月14日 (木)

VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(1日目)

2011年7月4日(月)、
いよいよVT君と北海道の走りを堪能する旅に出発します。

天気は晴れだが、関東北部は夕立、新潟県は雨との天気予報。
途中、雨を覚悟の出発。

まず向かうは新潟、新日本海フェリーの苫小牧東行き乗ります。

フェリーの出航時間は23時30分、1時間前に着くとして、
12時頃家を出れば下道でも十分と思ったが、準備に時間が掛かり、
自宅を出たのは15時。

渋川伊香保ICまで高速を利用することにし、後は国道17号の三国峠越えで。

夕立も無く快適な走りで、三国峠のトンネルに。
標高は1084m、涼しかったです。トンネルの長さは1218m。

トンネルを出て峠を下りると、そこはスキーで有名な苗場。
国道17号は幅員も広く、下り坂が続く。
夕方の18時頃で車は全くいない。信号も無い。
快適に走り続ける。ここは北海道???

暫くすると、雨がポツポツと、すぐにザァーと。慌てて雨具を。
天気予報通りだね。

雨の中を淡々と走り長岡市へ、ここから新潟までは国道8号に。

途中の三条市で給油。時刻は20時ちょうど。
262.9Km走って、燃費は33.7Km/L。

後1時間位でフェリー乗り場へ着けるのではと。少し早いかな。
ところがどっこい、新潟市街地に入る頃に曲がるべき交差点を直進。
次の目安の交差点も気付いたときは既に遅し。右折出来ず直進。
そしたら、行けども行けども右折がない。右には信濃川が有るんです。

やっと右折出来る交差点に。右折して直進するが、交通量も無く静かな道。
北に向かっていて右折したから東に向かっている。
方向的には間違いないが、ここは何処? 

ここで先日購入したカーナビが活躍。
内蔵バッテリーで2時間は使えるので、いざっと言う時に使おうとバッグに入れておいた。
夜なので液晶画面も見やすい。フェリーターミナルまで案内してもらった。

無事22時にフェリーターミナルに到着。雨は既にやんでいた。

事前にネットで往復予約していたので、予約番号を言って、クレジットカードを渡して
往復のチケットを貰う。書類も書かず、車検証もいらず実に簡単。

新日本海フェリーはバイクの排気量区分に750ccがあるのが嬉しいですね。

苫小牧東行きの紙をハンドル部に着けて乗船待場でVT君は暫しの休憩。

74

既にバイク3台、スクーター1台、ミニチャリ1台が駐輪していた。


我が輩は、ターミナルビルの待合室の奥にて、買っていたお弁当で夕食。
リアBOXの中には、船の中での朝と昼の食事として、カップ麺2個、おにぎり2個、
パン2個、ミニ大福4個を家の近くのスーパーで事前購入したものが入っている。

出航30分前から乗船開始だが、バイクは一番最後に乗船。
(下船もバイクが一番最後)

このフェリーは敦賀からの便で、乗船したら北九州ナンバーのBMWのツアラーが2台止めてあった。
持ち主はどんな人かと、ちょっと期待した。下船時に分かったが・・・ (後は2日目の記事で)。

ヘルメット、食料、バッグ等必要な荷物を持って2等和室へ。

部屋は16人部屋。幸いにも私の選んだ部屋は親戚同士の夫婦が2組のみで、
私を入れて5人、奥の隅を確保出来た。他の部屋はどこも7,8人居たようだ。

洗面所で歯を磨いて、そくそくとお休みモードへ。1日目はこれで無事終了。
本日の走行距離:312.7Km

---2日目の記事に続く

|

« VT750S:走った北海道、道南道東1400Kmの旅 | トップページ | VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(2日目(道内初日)) »

①VT750S走り」カテゴリの記事

⑤2011年旅日記-北海道(夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VT750S:走った北海道、道南道東1400Kmの旅 | トップページ | VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(2日目(道内初日)) »