« VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(4日目(道内3日目)前半) | トップページ | VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(5日目(道内4日目)前半) »

2011年7月24日 (日)

VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(4日目(道内3日目)後半)

2011年7月7日(木)、の後半です。

道道123号から国道44号に出ると、根室方向へは約6.5Kmの直線道路となります。
今回走ったルートでは一番長い直線です。

根室までは約50キロ、国道44号は幹線道路ですので交通量はそこそこ有ります。
大型車は時速70キロ位で走っています。
追い越しはなかなか出来ないので、車列が出来てしまいます。

まあこの位のスピードで止まらず走れれば文句は言えません。
天気も良く、車間距離も程良く、淡々と追従して走ります。

根室市中心部を過ぎ納沙布岬へ向かうと、だんだん霧が出てきてました。

そのうち霧も濃くなってきて、気温も下がり、風も強くなり、水滴が風防やヘルメットに付いてきます。
雨具着用となりました。

こんな状態で岬に着きました。時刻は13時15分。

岬から海の方は霧のため見晴らしは悪く、北方領土は見えません。
右の写真の真ん中には灯台が有りますが、霧で霞んでいます。

77_777_8


風がそこそこ強かったので、モニュメントの「四島のかけ橋」をぐるりと回った後は、
北方館、望郷の家に入り色々とお勉強を。北方領土のパンフ、資料などを頂きました。

77_5


岬を出たのは13時45分頃。陸上の霧は消え、晴れとなり雨具は不要状況。

来る時は道道35号のメインルートの南側から来ましたが、
帰りは半島の北側の道で根室市中心部へ向かいます。

25年位前に来た時、北側の道は1車線区間も多く有りましたが、
今は全線2車線の綺麗な道に整備されていました。

根室市中心部を過ぎた頃に、出光のガソリンスタンドが有ったので、予定外の給油。
時刻は14時30分。

朝、標茶で給油してから213.3Km、燃費は32.6Km/L。


何故、出光に寄ったかと言うと、会員割引カードを持っているからです。
北海道で初めての出光での給油です。
途中で有った時も有りましたが、まだ入れるには早いのでパスしてました。

お店の人に、出光は少ないですねと言ったら、廃業するお店が多くなっているとのこと。
以前は一寸した町中には有ったが、今は無いですねと。
これから向かう知床方向には、標津の町まで有りませんとよ言われました。

まあ、ここで給油したので今日は必要なしですが。


根室から離れる時、逆に根室の入っていく白のサイドカー付きハーレーとすれ違いました。
サイドカーに乗っている女性の人が、両手を大きくあげて手を振ってくれました。
こちらも、軽く左手を振りました。

知り合いの知り合いに、サイドカー付きハーレーに乗っている人がいまして、
その人、自分達は北海道まで飛行機で来て、自分のハーレーはその空港まで陸送し、
そこから乗って走り回ります。帰りも同様、飛行機で帰り、バイクは別送。

こんなリッチな人です。今度、その人だったか聞いてみることにしています。

北海道をツーリングしている人達、すれ違う時、こんにちはとか、頑張ろうねとか、
元気でねとか、安全にねとかの気持ちを含めて、サインとして左手を軽く振ったり、
会釈したりしますが、最近、何も無しですれ違う輩が増えた感じです。

しなくちゃいけない事柄ではないですが、やったて損することでもないので
したらと思うのですね。


国道44号の道の駅、風蓮湖を望む「スワン44ねむろ」にて小用休憩。
建物の中にある望遠テレビでライブ風景を暫し堪能。

国道44号から知床方面への国道243号へ、それから国道244号へ。
本日の最終目的地、野付半島へ向かいます。

国道44号から野付半島入り口まで約55キロ。
天気は晴れ、3桁国道になると交通量も少なく、前の方~に1台、後ろの方~に1台の感じ。
快調に走ります。

野付半島の入り口に着きました。時刻は15時50分。

写真は半島からの帰りに取ったので、右に国道244号、左が道道950号野付半島道路です。

77_10


道道950号の先端まで行って、Uターンしたところでパチリ。
ここから先は許可無き車は進入禁止です。
道道950号はここが始点ですが、逆光で始点を示す標識がハッキリしませんね。

77_1177950


野付半島道路の途中の、第2しべつ展望駐車場から国後島がうっすらと見えたのでパチリ。
一寸アップでもパチリ。

77_1277_16


先端まで行って帰ってきて約37キロ。
写真を撮ったり、のんびり両側に海を見ながら走ったりで、
国道244号へ戻ったのは16時40分。一寸ゆっくりしすぎました。


これから、今日の宿のモシリバまで約25キロ程。
国道244号から国道335号と走ります。


道路端の宿の入り口案内板に気づいた時は、既に遅しで、
やはり行き過ぎてしまいました。Uターンして宿へ。17時15分到着。

77_13


宿はこんな感じのログハウスです。

77_14


何と、今日の宿泊者は私1人とのこと。
お好きな部屋をと言うことで、2階の海の見える部屋をお願いしました。
写真の三角窓の有る左の部屋です。


お風呂にお湯が入るまで暫しの間、部屋で休憩。
何たって、私1人ですので、物事は私が着いてから始まるので。

のんびりお風呂につかり、疲れを癒して、さっぱりして出てくると、
オーナーの奥さんは、集まりが有るとのことで外出されました。

館の中にはオーナーさんと私の2人だけ。只それだけですよ。

夕食を頂いている途中に、オーナーさんが取れたてのホタテの貝柱をご馳走してくれました。
おかずの中にもホタテは有りましたが、それは冷凍物。

とは言っても、地元で加工したばかりの新鮮な??冷凍物ですが、
やはり味は全く違います。まいう~です。

昨日泊まった、なかまの家の奥さんからモシリバのご主人はお酒が好きで、
多分進められますので、飲み過ぎないようにと言われていました。

案の定、食後の後で、少し飲みますかとお誘いが有りました。
我が輩、誘われてお断りする性格では有りませんので、少しだけならと。

オーナーさんは体の為に、お酒の量を制限中とのことで、コップ1杯の焼酎で終わりですと。
でも話が進んでくると、やはり1杯では終わりません、もう少し飲もうかと。

奥さんが留守にしているので、ご自身の経歴の話とか子供さんの話とか、
奥さんの話とか、ざっくばらんにお互い話が尽きません。また、もう少し飲もうかと。

奥さんが帰って来ましたので、そこでお開きに。

寝たのは何時か分かりません。多分22時頃でしょう。
バタンきゅうー、すやすや。


モシリバの宿の様子などは、
こちら (http://www.toho.net/yado/moshiriba/moshiriba.html) をご覧下さい。
または本の「とほ宿」をご覧下さい。


本日の走行距離:366.6Km
走行ルート:

Photo_3


---5日目の記事に続く

|

« VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(4日目(道内3日目)前半) | トップページ | VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(5日目(道内4日目)前半) »

①VT750S走り」カテゴリの記事

⑤2011年旅日記-北海道(夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(4日目(道内3日目)前半) | トップページ | VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(5日目(道内4日目)前半) »