« VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(4日目(道内3日目)後半) | トップページ | VT750S:オーナーさんのブログのご紹介 »

2011年7月25日 (月)

VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(5日目(道内4日目)前半)

2011年7月8日(金)、
今日は、知床峠を越え、網走、サロマ湖、遠軽(えんがる)を経由して、
宿のある比布町(旭川の北東部)まで走ります。


本日も1人1部屋の環境の中、昨夜のお酒もすっかり抜けて、
気分すっきりで目が覚めました。

しかし、天気は今ひとつ良くなく霧で、小雨も。

オーナーさんの話では羅臼側の天気が悪くても、
知床峠を越え、ウトロ側に行くと天気は良いことが多いよと。


朝食を終え、出発の準備へ。
荷物を整理したり、夜露に濡れたバイクを拭いたりで、今日は9時45分出発。

毎日、出発は遅いですね (^-^;。
(先にお話ししますと、明日はもっと遅いです(汗・汗))

バイクの一人旅なので、時間は自由に調整可能。特に慌てませんのです。


天気は雨具を着るかどうか微妙。取り敢えず着ないで出発。
しかし5,6分走ったところで断念。停められる場所を探します。

道路から外れた空き地が有ったので、そこへ入り雨具を着用してたら、
1台の車が入ってきました。なんと宿のオーナーさんでした。

腕時計が部屋のテーブルの下に落ちていたので、渡すために追いかけてきたとのこと。
この空き地に止まらないで走っていたら、追いつかなかったかも。
追いついたとしても、相当の距離を行っていたでしょうね。

また、オーナーの奥さんから携帯電話に、
時計忘れており、主人が追っかけている
とのメッセージが入っていました。

携帯はウエストバックに入れていますが、走っている振動と音で全く気付きませんでした。
大分過ぎて、携帯を出した時に分かりました。すいませんでした。


最近、色々な人との縁やタイミングを感じています。

今回も早めに雨具を着用することにして止まった為、直ぐに追いついたので、
迷惑をかけた度合いも少しは少なく出来たのかと思うのです。

オーナーさんは私に腕時計を渡し、戻っていかれました。有り難うございました。


小雨の国道335号を羅臼の町まで走り、そこから知床峠への国道334号へ入ります。

標高が高くなるに従い、霧も濃くなり前が見えにくくなって来ました。
さらに、急坂、急カーブとなります。
センターラインを見ながらノロノロ走って行きます。


標高740mの知床峠に着きました。時刻は10時30分。

濃霧の中ですので、視界絶不良!!。
知床峠の文字の案内板の所でパチリ。

78

(この場所でバイクを入れての写真は、普通は撮れません。何故ってですか。
百聞は一見にしかずです。この場所に行ってみて下さい。分かりますです。)


駐車場の所にも石の記念碑が有りました。
そこの前でパチリ。ここはいつでも写真OKですよ (*^-^)。

78_2

霧の中の峠を出発します。


少し下った左カーブの道路脇に、親子の2頭の鹿がいました。
カーブだったのでいるのが全く分かりませんでした。

手を伸ばせば顔が触れるぐらいの至近距離でビックリ。
今回、初めて鹿を見ました、会いました。
ぶつからないで良かったぁ。おぉ~怖。


峠を下っていくと霧も晴れ、路面も濡れていなく、晴れてきました。
ここから快適なダウンヒルが始まります。

途中で、こちら側の車線の端に親子2頭の鹿が。お互い目と目が合いましたね。
また、反対車線に親子4頭のキタキツネがチョロチョロと歩いていたことも有りました。

やはり知床まで来ると、動物たちが昼間でも平気で出てくるんですね。

少し緊張して走り続けました。


海岸部まで下りてきた所に、小さな駐車場が有ったので停めて雨具を脱ぎました。
今来た道を振り返ってパチリ。

78_5

写真正面の山の左の凹んだ所から、右になだらかに下り、カーブしてこの場所に来ます。

この写真の右には、山からの水がチョロチョロと流れて来ている所が有りました。
首都圏の近くだったら、白いタンクを持った人達が行列しているでしょうね。

車は1台も走っていない、道路も綺麗、周囲は静か、自然も一杯。
こんな場所がある北海道って最高ですね。

あまり感傷に浸っている時間はありません。雨具をBOXにしまって、出発進行。


うとろの町を過ぎ、海岸沿いを暫し走ると何やら左側に人がゾロゾロ。
駐車場には観光バスが止まっている。急遽我が輩も駐車場に入る。

ここは何? ここは日本100名瀑のオシンコシンの滝とやら。知らなんだ。

78_6


おじさん、おばさん・オバサンらに混じって見学。

78_7

なかなかの滝です。落差60mあるそうです。滝の左側数十メートル先はもう海です。


時刻は11時40分。宿を出てまだ60キロ位しか走っていません。

これから、網走、サロマ湖を経て比布まで約280キロ走らなければならず、
一寸急がなくては夕方6時までに宿に着けないぞ。

この後の話は後半に。

|

« VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(4日目(道内3日目)後半) | トップページ | VT750S:オーナーさんのブログのご紹介 »

①VT750S走り」カテゴリの記事

⑤2011年旅日記-北海道(夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(4日目(道内3日目)後半) | トップページ | VT750S:オーナーさんのブログのご紹介 »