« VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(3日目(道内2日目)後半) | トップページ | VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(4日目(道内3日目)後半) »

2011年7月24日 (日)

VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(4日目(道内3日目)前半)

2011年7月7日(木)、
今日は、霧多布岬から根室、納沙布岬、野付、知床羅臼の手前にある宿モシリバまで走ります。

昨夜も1人1部屋(ならぬ1館貸し切り)で、朝は心地よく目覚めました。

今日も天気は良いようです。

写真は宿なかまの家の前の国道391号の様子。
77391

朝6時頃なので、時々大型車が通る位です。道も大変綺麗です。
空は青く、空気はすがすがしく、気分爽快です。ここで一息深呼吸!!しました。

朝食の時間は私1人ですので適当にと昨晩お話ししまして、7時頃食べました。
パンとコーヒーと、庭の鶏が生んだ卵、自前の畑の野菜類、手作りのジャム3種類等々でした。
ご馳走様でした。

既にオーナーさんは山へ芝刈りならぬ雑草刈りに出かけており、
お婆さんは川に・・・、おっと失礼、オーナーの奥さんは、我が輩の食後の雑談のお相手。

ガソリンスタンドの事を聞いてみたら、廃業してしまったとのことでした。
最寄りは釧路の町中まで行かないと無いですかと聞いたら、

ここから北へ10Km位行った、標茶(しべちゃ)の町中に有りますとのこと。
よかった、今日行く方向でした。

オーナーの奥さん、時間の有る時は山歩きとか、ジャム作りとか、羊毛のクラフトで
手袋、帽子、保温カバー等々作っています。

そんな事で、旅のおみやげとしてクラフトのコースター的な物を買いました。
かさばらず、重たくないのでね。

写真の左がそうです。右の写真の左の羊からの毛から作ったそうです。
76

右の写真の奥の家が泊まったロッジですね。


なんだかんだで、出発は9時近くになってしまいました。

まずは給油しなければいけません。国道391号を北へ標茶の町中へ。
ガソリンスタンドが有りました。

前回給油した広尾の町から215.4Km、燃費は32.9Km/Lでした。


これから道道14号で海岸部の厚岸(あっけし)まで、
そこから道道123号(なぎさのドライブウェー)を走り霧多布岬まで行きます。


この道道14号は厚岸手前まで約37キロ、信号は途中交差する国道にしか有りません。
農場、牧草地の中を2車線の綺麗な道が続きます。

多少の直線もあり、右や左へのカーブも有りの実に走り良い道です。

写真は青空の中まで、ずぅ~と伸びる道道14号です。
77

時々、動物の飛び出し注意やら、牛の横断注意の標識が出てきます。
実際、多分キタキツネでしょうか、車にひかれていました。

そんな訳で、動物の飛び出しが怖いので、そんなにスピードは出しません。
キタキツネ程度なら良いですが、牛や鹿とぶつかったらこちらもアウトですから。


爽快に走った後、厚岸の町から道道123号に入り霧多布岬へと向かいます。

霧多布岬への途中で、あやめヶ原と霧多布湿原に寄りました。

あやめヶ原に着きました。時刻は10時10分です。

77_2


原生林のダケカンバの林を抜けると、約100haの高台に広がる原生花園があり、
この時期はヒオウギアヤメが一面に咲いています。国内最大規模だそうです。

77_377_4

天気は良く、日差しの下ではTシャツ1枚でも良いぐらいの暑さでした。

あやめヶ原を出ると、道道123号は濃霧が掛かる様になり、その中は一寸寒かったです。


暫く走ると、霧の中の霧多布湿原に着きました。
ここにはエゾカンゾウが群生しています。黄色の花ですね。

77_5

霧のため見晴らしは良くないです。

霧多布湿原から程なく行くと、霧多布岬への道道1039号となります。


霧多布岬に着きました。時刻は11時20分です。
駐車場には帰り際の車が1台。他に車はいません。当然バイクもいません。
静か~です。

きりたっぷ岬の看板をパチリ。奥の方は霧が掛かっています。さすが名のとおり、霧(きり)多(おおし)。

77_6


岬の右側の断崖をパチリ。岬の先端に行ってパチリ。

77_777_8

岬の先端に行った時には霧は晴れました。
霧が出たと思ったら、すぐに晴れたりと、目まぐるしい状況です。

この霧多布岬の高原にも数々の花が咲いていました。

77_977_10

今日岬に咲いている花リストをパチリ。
花の専門家では無いので書かれていても、どれがどれ?。


霧多布岬を出たのは、もう11時40分と昼に近くなっていました。

これから、道道142号:北太平洋シーサイドラインを走って根室への予定でしたが、

時間的に納沙布岬、野付を経由し羅臼手前まで行くのは厳しいかと判断し、
そのまま道道123号を走り幹線国道44号に出て、根室に行くことにしました。

この後の話は後半に。

|

« VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(3日目(道内2日目)後半) | トップページ | VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(4日目(道内3日目)後半) »

①VT750S走り」カテゴリの記事

⑤2011年旅日記-北海道(夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(3日目(道内2日目)後半) | トップページ | VT750S:2011年北海道/道南道東1400Kmの旅(4日目(道内3日目)後半) »