« ウインドスクリーンのステーを利用して | トップページ | 本日、北海道へ向け出発します »

2011年7月 3日 (日)

VT750S:有馬ダムへプチツー

埼玉県は飯能市(旧名栗村)に有る、有馬ダムへ行ってみました(6月30日の話です)。

Photo_3

有馬ダムはロックフィル工法による多目的ダムで、埼玉県の第一号のダムです。
ダム湖は名栗湖と呼ばれていて、水没移転家屋は1軒も無いそうです。
(都会に近いダムなのに、素晴らしいことですね)

Photo_4

この時期、水位が低いのは大雨による水の調整の為に敢えてそうしている
ことが分かりました。先日の奥多摩湖もそうです。

特に夏場は台風の大雨に備えているそうです。大変勉強不足でしたね。

この名栗湖の谷筋には道路のすぐそばまで、わき水を引いている所があります。

まずは、白谷の泉です。

Photo

ここは、車で来て水をポリタンクに入れて持って帰る人も居ます。
登山道の入り口に有るので、登山者の憩いの場所にもなっています。

次は、白谷の泉から1Km位行った、有馬の湧水です。

Photo_7

1_3 2

この様な案内が掛かって居ましたが、一口飲んでみました。
まあ、普通の谷川の水と同じですね。
幸いにも、お腹は何とも有りませんでした。

この泉の左には写真のような不動明王が奉られていました。

Photo_8

右のビンの水、少なくなって濁っていたので、この泉の水で綺麗にして、
満たしてあげました。割と信心深い私です (^-^; 。


この後、秩父へ抜ける有馬峠へ向かおうとしましたが、にわかに雷が鳴り始め
峠の方には黒い厚い雲が、そして雨がポツポツと。

まだ時間は11時半で、これからが本番なのにと思いつつ、
しかし雨の中を走るのはいやなので、帰ることにしました (´・ω・`)ショボーン。


有馬ダムの堤防で、ホンダのCBR250Rのパールスペンサーブルーに乗る女性が、
一人で湖を眺めていました。
VT君でドコドコドコとゆっくり、ちらっと&じっくり見ながら彼女を脇を通り過ぎました。

彼女もこちらを見てました。只それだけです。つまんなーい。


まだ晴れていた時間なので、彼女は有馬峠へ向かったと思います。
CBR250Rには何も積んでなかったな。多分、土砂降りの中を走ったに違いない。

そう言う私も、パラパラ雨が急にドバーと降ってきて、カッパを着る場所を見つける間もなく、
あれよあれよと言う間に、ずぶ濡れになりました (´;ω;`)ウウ・・・。


一寸記憶に残るプチツーでした。




|

« ウインドスクリーンのステーを利用して | トップページ | 本日、北海道へ向け出発します »

①VT750S走り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウインドスクリーンのステーを利用して | トップページ | 本日、北海道へ向け出発します »