« VT750S:ETCの取り付け(その2) | トップページ | VT750S:有馬ダムへプチツー »

2011年6月30日 (木)

ウインドスクリーンのステーを利用して

ウインドスクリーンの角度を調整したとき、
ステーも写真の様に飛び出す形で再取り付けした。

このステーの部分の空間を何か有効利用出来ないかと思い、
お弁当箱のような物入れのケースを上に載せようと物色していた。

Vt750s3_2

しかし、手頃なケースは無かったので、アクリルの板を載せることにした。
この板の上にケースなり小物を貼り付ければ良いではないかと。

A4サイズの透明のアクリル板を買ってきて、カッターで長方形に裁断し、
超強力両面接着テープをステーの上に付けてアクリル板をベタッと。

接着テープは厚みの有る物なのでしっかり付いた。

Vt750s_3

透明なので違和感もあまりないね。

早速、100均のデジタル時計を付けた。

Vt750s_2

この時計の数字、大きくて見やすい。中々グーだね。

スピードメータの液晶中にもデジタル時計が有るが、要切り替えなので走行中は危ない。
腕時計も用をなさないし。前から時計を付けたかったのでこれでクリアー。

右側のステー部分の黒いのはマジックテープ。物を付けたり剥がしたり出来るようにね。

ここに、先の3.5インチカーナビを置こうかと。軽いし、風も来ないし。
問題は電源ですね。

雨の日対策は、スーパーの透明に近い袋を全体にカバッとかぶせ、
洗濯ばさみで止める。これでノープロブレム。




|

« VT750S:ETCの取り付け(その2) | トップページ | VT750S:有馬ダムへプチツー »

④VT750S装備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VT750S:ETCの取り付け(その2) | トップページ | VT750S:有馬ダムへプチツー »